エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙いと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます

2010年08月28日

「エギングお祈り」

もう夏も終わり。数日前から秋風を感じます。
9月がやってきますね。

9月というと私にとっては去年の9月に、初めてアオリイカをゲット。

忘れもしない「2009年9月10日」

2009年春から始めたエギング。
世間でのエギング流行から思いっきり遅れて初めてエギングをやってみました。

現場ではエギングする人が多かったので見よう見真似で出来ました。
しかし、釣れない・・・・、メディアで見るような墨跡もない。

「南に行けば釣れるのか?」

海デビューしたての私にとって、ポイントも分からなければ地名も分からない。
ネット見てもココとは書いてない。

頑張って湯浅まで行った。

釣れない。

磯に登ろうかと思ったが怖くて無理。
そのまま春イカは終了。10回以上のボウズ釣行でした。



9月になって「秋イカは新子が釣れる」という話。
もう売ってしまおうかと思ったエギングロッドを再び握り締め、出来るだけ新鮮な情報を得るために、深夜のショップ巡り。

私「アオリイカ釣れますか?」
 店「{{keyword:どこ}}でも釣れる」
私「例えば・・・何処ですか?」
 店「ランガンしたらいい」
私「なるほど(そのランガンの場所を・・・)」


南なら釣れる。と信じていた私は御坊に来てました。

御坊のショップ駐車場で携帯のネットで見掛けた「田杭漁港でアオリイカ」の情報。ショップで場所を聞き、車で向かうが、ナビもそんな細か{{keyword:いとこ}}ろまで表示せず、山道で放置される・・・・。


なんとか到着するが波風強く怖い。海慣れしていない私には闇の漁港が怖い。

ほんのり明るくなってきたところでキャスト。


「ぐにっ」
「ぐ〜んぐん」


今まで千回以上シャクってきての初めての生命感。



缶コーヒーより小さなアオリイカ。
感動のあまりにテトラで苦笑い。

写真は興奮で可笑しな画像になってますが、記念すべき一枚。記念すべき一
杯目。

10回以上のボウズを喰らっても、現場に通い続けたのは何か自分に合ったモノがあったんだろうなぁっと今でも思います。


今年もまた9月がやってくる。
今春に「運」を使い果たしたかもしれませんが、今年も遊ばせて下さい顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)
posted by コットンフィール at 06:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

「3度目の正直」か「2度あることは3度ある」

シュアジギに出会って3回目。


第一回は、ジグの動かし方がイマイチよく分からずに撃沈泣き笑い
第二回は、台風近くて海が荒れて魚おらず泣き笑い


今回の第三回は、ネットで見る限り、いつもの場所には連日のようにカツオなどの青物が廻っている様子であります。同じ場所でやってますので何となく感触も掴みつつあります。


・・・で、やってきました!!「シュアジギ IN 紀北」第三回!


夜明け前に現地入り、夏休み期間中、平日というのにめちゃ混んでます。

カゴ釣りの人、ジギングの人、サビキの人、タチウオの人、投げの人。
すんげぇ人数ですびっくりびっくりびっくり


いつもの場所に入ります。日の出も遅くなってきましたねぇ


さぁ、これから!


・・・・って時に目の前に「底引き網船」が過ぎていきました。。。

イヤ、分かってます。
皆さまは、お仕事です。私たちは遊びです。
魚が獲れなければ収入にならないと思いますが・・・・





ソコ走りますか・・・・
船と船の間に網が引かれています。。。

船に手が届きますやん。
これがコウイカ狙いなら早朝5時で釣り終了です。。。



青物には底引き網なんて関係ない!と思ってジギジギします、、、、



・・・・やっぱり他の釣りより体力のいる釣りですねぇぇ
30分しか寝ていない身体には堪えます・・・失敗


どうやら「今日だけ」は廻っていない様子です泣き笑い

イヤ・・・カゴ釣りには釣れていた様子ですので、居ないことはないんでしょうけどジグに喰い付いてくれる青君は居てないようです。


まわりのルアーマンは全員ボウズです。
スレてるんでしょうかな??


土産無しで連日帰ってますので、何か持ってかえらないと・・・
こんなこともあろうかとチョイ投げセットをバッグに忍ばせてました。
ガルプですけどね。





ハイ。
こんな鯛が少し釣れただけ。。。



う〜ん。。。夏の釣り絶不調ですな涙ぽろり涙ぽろり



第四回は開催されるのか!?
posted by コットンフィール at 06:48| Comment(10) | TrackBack(0) | ショアジギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

魚に盆休みは無い

世間はお盆休み
各所の釣り場は賑わっていることでしょう。


平日アングラーの私としては、魚より人が釣れてしまいそうな環境では滅多に釣りをすることがなく、ある意味、幸せ野郎なのかもしれません。
でも、釣果には何も繋がっていません・・・・困り

「人がたくさん釣りをする」=「情報が増える」

ネットでありますが、情報収集をしていおります。
ブログも一気に更新されていますねぇ。


そこでショアジギング2連敗中の私のポイント。マリーナシティ大波止で何やら大量にカツオが釣れているとかびっくりびっくり


私の行けない時にカツオが戻ってきたようです失敗


そこで!
「ソーダカツオ」が釣れたらどうするかを考えています横目

「足が早い」
痛みやすいと皆さん言います。血抜きして〜、冷やして〜救急車


一応、滅多に使わないナイフと、ひも付きバケツを用意して挑みたいと思います。ナイフなんてほとんど使わないからちょっと心配です熱


食べ方ですが、「刺身で!」って思ってましたが、何かと調べているとソーダガツオは「生で食べたらダメ」「微毒あり」という話。

まぁ、焼いてみるかな。しかもあんまり美味しくないとか、好みとか?

でも、先日行った現場では「本命はカツオです」って兄ちゃん言ってたしなぁ
実際、カツオってよく考えたらあんまり食べたこと無いですね。


やっぱり「ツバス」の方が身近な魚に感じます。
他に何やら「シオ」という魚も釣れるらしい。そういやこの前、丸っこい魚がジグを追いかけてきてたな?アイツかな。



・・・・っとまぁ
「釣ったこと無いソーダガツオ」で悩んでみました顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)



コイツは、秋アオリ狙いの「ボウズのがれ」
{{keyword:子ども}}にイカを見せてやりたい時に登場ですうっしっし
posted by コットンフィール at 06:02| Comment(8) | TrackBack(0) | ショアジギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ショアギジ IN 紀北 「リベンジ」

AM6時
左手首の痛みで目が覚めました・・・・


そう・・・リベンジ勝ち誇り

ショアジギングのリベンジに行ってきました!

場所は少し悩みましたが、前回と同じポイントに入りました。
慣れない釣法ですので、足元のいい堤防から釣るのが安全かと。


前回は、何もかも初めてであり、少ーし分かってきた頃にはジアイ終了という
状況でありました。

今回は少し勉強していきましたので、ジアイには他者が3匹釣る状況であれば、自分には1匹釣れる程度であろうと、訳分からん自信をもって挑みましたウインク


目指せブルーランナー!!

ツバスなら刺身盛りだー!!
サバなら竜田揚げ盛りだー!!
カツオならタタキ盛りたー!!

ネットなどで勉強もしたし、店員さんも「釣れてますよー」と心強いお言葉顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)

回遊魚であるために、潮が大事じゃないかな?と思いまして、いつものサイトで潮を確認。



う〜ん熱、バッチリの時間帯が満潮のようです。相変わらず潮の知識はありませんが、これはあんまりいい{{keyword:タイ}}ミングではないような気がします。
まぁ、朝マズメは潮なんて関係ないということにしましょう顔2(おこったカオ)

まずは早朝から大雨の洗礼を受けます。ビショビショです顔4(つかれたカオ)
この堤防は珍しく窪んだ場所が数箇所あります。ナイスな大波止です。


朝のジアイに突入顔1(うれしいカオ)

海の様子はちょっと前回と違います。大潮ということもあるでしょうけど、台風の影響でしょうか?波風立って海面が賑やかで、何か色も悪い??

少々、嫌な雰囲気がしますが朝マズメは関係ないことにしましょう顔2(おこったカオ)

さぁ、そろそろ海面が小魚で賑やかになるぞーって思いながらキャストを開始。

何かと勉強したシャクリ方で、前回とは違う自分を確認出来ました。少しサマになっていると思います。


しかし、前回と違って全く小魚が追われない。ナブラが立ちません。
周りも釣れていません。ちなみにサビキにも何も掛かっていない様子。

そんな状況であっても事前に勉強したとおりに出来るか出来ないかで頭はいっぱいであり、何かと忙しくしていました。


メタルジグの特性や{{keyword:種}}類も勉強しました。

投げて、底を取ります。
グングングンとシャくると・・・・・グイっ!びっくり


びっくりびっくり



掛かったぁ!顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)


来たーー!ブルーランナーぁぁ!



ぁぁぁぁぁぁあ・・・・・








茶色でした・・・・眠い

その後も2尾のエソ君を釣り上げ「もう来るはず。もう来るはず」と祈りなら・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・体力を消耗していったのでした泣き笑い


リベンジならずうっしっし

今回は魚が来てなかっただけですよね?
台風が魚を{{keyword:どこ}}かに釣れて行ったんですよね?

さぁ、次は同じ場所か違う場所か悩みますや〜ん・・・・
posted by コットンフィール at 06:31| Comment(10) | TrackBack(0) | ショアジギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

噂どおりの体力勝負

AM5時・・・・・
左肘の激痛で目が覚めましたあせり

ショアジギ恐るべし・・・・。まさに身体を使った「戦い」・・・

って・・・、悲鳴を上げながら本日、朝を迎えた私です。


ついにシュアジギっちゅうなるもんを前準備もなくやってしまいました顔1(うれしいカオ)
ブログ仲間の皆さんの釣り記や、釣具店の釣果報告を見ていましたら、サバの竜田揚げや塩焼きがチラつきだしたので、シーバスロッド片手に海に走ってました。

釣具屋さんでメタルジグ数点を買い、情報を貰って近場である実績NO1のマリーナへ



初めてのスタイルであり、とりあえず他者のいるところでやってみようと思いました。

{{keyword:テレビ}}などでジギング自体は見たことありましたが、イマイチ分かっていないので、見よう見真似でやってみることに。

朝一番で入ると数名の方が居ましたので適当な距離を取り場所を確保。

シャクル方法が分からず、エギングみたいにシャクってましたうっしっし

周りを見回すと、シャクっている方、高速巻きしてる方、普通巻きしてる方。

どれが正解か分かりません・・・・失敗

まぁ、ナブラっちゅうもんが発生すれば小学生でも釣れるでしょうと思ってました。

しかし、魚が追われているようなバシャバシャが発生しますが、一匹が数匹を追う感じ。私のイメージとしては、もっと{{keyword:嵐}}のようになると思ってましたが、どうやら規模が小さい様子。

左右の方々が40センチくらいの魚を釣り上げる。

遠めに聞こえる会話の中では、ツバスとカツオみたいです。


「ヨシ!地合だな!私にも来るか!!!

・・・・

・・・・

・・・・来ない泣き笑い泣き笑い


なんでや!?びっくり
アクションか??

右側と左側の方のアクションの方法が違う。

「左の人」
キャスト→着底→グン!と一回しゃくりあげ→超高速巻き30回くらい?→ストップ→繰り返し

「右の人」
キャスト→着底→ギュンギュンギュン!と3回くらい巻きシャクリ→ストップ→繰り返し

「少し遠い人」
キャスト→着底→クリクリクリ〜とリーリング→ストップ→繰り返し

各々、2匹くらいづつ釣り上げますが、私には何も来ない熱熱

アクションを真似しますが、来ない!!
なかなか腕の居る釣りのようですねぇ。

地合後も周囲の方々はたまにポンポンと釣り上げる。

もう3時間くらいやってきた頃でしょうか。
アクションを止めて、次の動かす瞬間に違和感!!

「ん? おっ!? おぉ!!」竿に重量感!!


「よっしゃぁ!!!!!掛かったぁぁっぁああああああ」顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)

水面を見るとギンギラギンの40センチくらいの魚が私のラインと繋がっている!

水面直下を高速でクルクルクルっ!と廻る。
「うわ!めっちゃ走る!コレが噂の青も・の・・の・・・プルンっ!・・・・」



外れた・・・・・・



「バレたぁぁっぁぁぁあああ」あせりあせり青ざめ青ざめショッキングショッキングショッキング



そういや・・・・
アワセてなかった。。。。。
急な展開だったので忘れてた?
どんなアタリの感じになるか想定してなかったからか?

アワセてなかったぞぉ!!お前ぇ!(自分です)ボケぇ!!顔2(おこったカオ)

水面に魚の気配がなくなってきました。
結局4時間投げ倒して、一回のバレのみで終了しょぼり

周囲の方々は数匹ゲットされて、見える限り私だけ釣れなかった。。。
ただ、入れ食いっていう環境では無かったと思う。

完敗です。完璧に打ちのめされた。

もっと簡単に釣れると思ってました。
ちょっと勉強することにします。
もうシーズン終わりかな?
posted by コットンフィール at 14:48| Comment(16) | TrackBack(0) | ショアジギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする