エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2010年09月30日

暗闇エギング

なんだかんだと釣行回数の少なかった9月。

やっと釣りに行けました顔1(うれしいカオ)

ブログ仲間の方々は何かと爆釣されて羨ましい状態です。
アオリイカ・タチウオ・ハマチ・・・・・全部釣りたい。

しかし、3本立てで行ける余裕がありません。
また色々したら、全部中途半端で終わりそうな気がしましたし・・・・困り

ということで、アオリイカでもっと楽しみたいとのことでエギング一本に絞りました。

潮チェック


なかなかいい感じ(直感)にこにこ

しかも、月が明るいのでナイトエギングをしてみようと思いまして比較的足場のいい安全なポイントへ入りました。何回か来た事ありますが、夜中に入るのは初めてです。

そもそも、ナイトエギングは、いつも朝帰りのために現地睡眠時間を一時間くらいは取りますのであまりしていません。

作戦としてましては、暗い間はココで頑張って、マズメ時には本命ポイントへ入ろうと思いました。あまりにも釣れなかったらこのままココで寝てしまおうと・・・

ポンポンと2匹のアオリイカを釣り上げることが出来ました顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)

「おぉ、ナイトエギングもなかなか良いな目がハート」と思っていましたが、それ以後に続きません。

もう30分でも睡眠時間にしようかと思って、エギをピックアップしようと巻き取りをしていましたら・・・・・・・

「グンっ!」
「ぐぐん、ググンっ!!」

おっ、こんなストレート巻きでも抱いてくることあるんかと思いましたら・・・・

「ジーーーー!ジっジっっ」

走ったびっくり!?魚か?

暗闇で何も見えませんので少しビビリながらファイト。

テトラの上に上がってきたのは・・・・・


「タチウオ」!!顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)


しかも良型目がハート

「ヨッシャーおかず一品増えたぁ」と喜んでましたら・・・・



「ポロ・・・・」


「ボチャっ!」青ざめ青ざめ





「ぬおぉぉぉぉおぉ!!ショッキングショッキング落ちたー!!!!」


そういやエギで掛かってるんだからフッキング甘いに決まってるや〜ん
・・・・っと思っても遅かったあせり

テトラの穴からお帰りになられました。


エギでタチウオ。有り得ないことではないですね。
突然だったのでミスっちゃいました・・・・

小さいミノーを一個持っていましたので引き倒すも。。。。まったくの無反応。

久しぶりにしっかりした魚の引きの余韻を感じながらエギングをしますが、そのまま沈黙しました。

朝マズメ時に本命ポイントへダッシュをしますが「爆風」顔3(かなしいカオ)涙ぽろりあせり

少々の風でも私はエギング出来るつもりでしたが、さすがに真っ直ぐ投げたエギが90度右から帰ってきますので、マズメ時ですがこのポイントを捨てました。

この素早い判断がいい結果を・・・・・・・・・・





・・・・持ってきてくれることなく、各ポイントを中途半端に回るだけで、ぐずぐずで終了となりました。。。。


結局、夜中のポイントへ戻って最後に数投しますが、意外と天気良く、暑すぎる中での無睡眠の身体に限界到着しまして「THE END」熱熱





夜中だったのでアオリイカの写真は撮ってなかったです。
イカそうめん・麺つゆで美味しく頂きました。



ポイントは結構有名な場所。タチウオ狙いの人は居ませんでしたので、普段はタチウオ釣れない場所なんでしょうかね?



タチウオ狙いにシフトしてみるかな?
でも釣れる場所には人多過ぎるのがねぇぇ・・・・失敗
posted by コットンフィール at 05:49| Comment(8) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

エギング用ウィンドウブレーカー

関西は、数日前からめっきりと冷えてきましたネ。

たぶん、釣りに行くのも早朝は冷え込んできていると思います。
ちょっと前までは、沖磯で灼熱地獄だったのに困り困り

そんな冷えた海風に数時間当たっていると体力も消耗してきますし、快適に釣りも出来ません。


そんな時に非常に重宝するのが・・・・・



「エギング用ウィンドブレーカー」




・・・・・そんな物は無いですにこにこ


しかし!!私にはあるんです。





写真では分かりにくいと思います。

何かと言いますと・・・・・「ゴルフ用のウィンドブレーカー」です。

前面にチャックの無い、頭から被って着る{{keyword:タイ}}プです。


釣りの中では何かと上半身を動かすことの多いエギングでは、余りにもゴワゴワしたものでは動きにくい。

しかも、この中途半端な時期の冷え方には上着の厚さも微妙なところ。


このゴルフ用ウィンドブレーカーのいい所は

「軽い」「薄い」「動きやすい」「風をしっかり遮断」・・・等々

ゴルフも基本的にアウトドアでガンガン身体を動かすものですので、上記の特徴はしっかりと組み込まれています顔1(うれしいカオ)


しかもゴルフのスイングを見たら分かりますように、上半身の動きを妨げない設計になっているのが特徴なので、エギングの動きなんか問題なし。


精神的にシビアなスポーツですので、釣り以上にゴルファーからの細かな注文から作り上げられていることが多いんだと思います。



しかも。


プロゴルファーは携帯カメラの「カシャ音」を気にするくらいです。
腕を振ったりすることで、服の腕部分と胴体部分が擦れて「シャっ、シャ」と擦れる音が普通はしますが、さすがゴルフ用です「シャっシャ音がしない素材」ですびっくり


エギングでは大して気にならないはずですが、この「音無し服」着てますと隣の人のシャッシャ音が気になるくらいです眠い眠い


ペラペラなのに完全防風。
薄いので極寒では分厚いジャンパーの下にも着れます。

あったかい機能性肌着を買うなら、このウィンドウブレーカー1枚あった方がいいと思います顔1(うれしいカオ)


私には無くてはならないウィンドブレーカーです。
皆様も機会があれば、羽織ってみてください。

なんて「釣り専用な服」なんだろうと思えますよびっくり
今は格好良いのや、オシャレなヤツも多くなってます。

お値段は、ブルジョアスポーツのゴルフですから、何につけても基本設定が少し高いのがネック涙ぽろりですが、5000円くらいからありますね。



以上、
ゴルフメーカーからの回し者でした目がハート





(違いますよ顔1(うれしいカオ)
posted by コットンフィール at 06:51| Comment(6) | TrackBack(0) | タックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

イカはモノクロで見えている

エギのカラーについて考えるって自分で書きながら何かと考えてましたら、いつも色々教えて下さる マグナムHTさん から「イカの目は白黒」と教えてもらいました。

・・・っということは赤だの黄色だのは人間様の目線?横目横目

どんな風に見えてるのかなぁって想像していましたら「画像編集」が携帯にはありました顔1(うれしいカオ)白黒でも撮影出来るようですね。

んで、早速、変換してみました。





なるほど〜。イカにはこんな風に見えている可能性があるんですね。

ってか、どれも一緒?だなびっくり
カラーよりも形が重要だったりして・・・・・眠い


この中では私の1番の実績は「D」です
昨年秋には、めちゃ釣れました。

2番目は「B」です。
こいつはエギング始めた当初から愛用しておりまして、自分の中では実績NO.1です。ダイワ製でもう店では見かけません。

「A」は沖磯でよく釣れました。

「C」はコウイカの実績が多いです。


ジーっと眺めていまして、何か答えが見つかるかなーっと思っていましたが・・・


行き着いた答えは・・・・

◆「布がボコボコ・ギラギラしている方がいい」
◆「下地の模様が意外と重要か」

うーん(・。・)これは自分なりにいい発見したかも顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)

ってか、雑誌とかで載っているようなことだったりして〜
posted by コットンフィール at 06:54| Comment(10) | TrackBack(0) | タックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

エギカラー考察

今日はエギについて。



これらが私の持っている「2.5号」と「3号」のエギの一部です。

エギで気になっておりますのが「カラー」目がハート
これはネットでどれだけ探しても答えは見つかりませんし、個人差のものが大部分となっていますね。

私はDVD先生でエギングを勉強しましたので、どうしてもピンクとオレンジを基準としてしまいますし、ボックス内に入ってないと気持ち悪いです。

それ以降は、ネットや雑誌で見かけるエギを気にしては見ておりました。

最近見かけるのは「緑」と「紫」横目


釣具屋でエギコーナーを見ると同じある数種のカラーだけが「売り切れ」ている場合が多いです。

この場合・・・・・

◆それだけ実績のあるカラー
◆その地域で人気カラー
◆有名なエギンガーの愛用カラー
◆良く売れているから「コレは外せない」として皆が買われているカラー

と思っているんですうっしっし

実際売り切れ中ですので、そこにどんなカラーのエギが売っていたのかも分かりません。名前書いてありますが読んだところで分かりません


バスルアーもカラー論争はいつの時代もあります。

エギングでは、いろんなカラーにチャレンジしようと思ってましたが、どうやら買う{{keyword:タイ}}プが似てきましたので、ここで再検討です。


少し前に何かで読みました。

「アングラーが皆、同じようなカラーばかり使っていたらイカも覚えるんじゃないだろうか?」

そうそう、イカは目が大きいのでしっかり見えると思います。
私もなんとなくこの言葉に感化されましたので、今度は「思いっきり売れ残っているカラー」で爆釣してみようと思います!!顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)

何のカラーが売れ残っているでしょうねー


「釣れるエギ」では、私の愛用はアオリーQです。
デビューしてからすごくお世話になりまして、安いというのもあって愛用しております。間違いなく釣れるエギです。

今、気になっていますのが、「アオリQ王」のウォームジャケットのやつ。
コレが結構、いい釣果を持ってきてくれます。{{keyword:春}}の2kgUPもこれでした。

やっぱり姿勢とかが重要なんでしょうね。
なんか和風なパッケージのやつも良いと聞きます。

うーん、答えは無いな困り困り
posted by コットンフィール at 06:17| Comment(4) | TrackBack(0) | タックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

エギング IN 沖磯

前回「地磯」デビュー!

見えイカの多さからアオリイカは岩場のイカであると再認識しました。


今回、一気に飛躍しまして・・・・「中紀・沖磯」デビュー!顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)



渡船に乗るのも20年ぶり!?の私です。さすがに今回は一人では心寂しいので仲間と一緒です。

船で渡ったら数釣れると昨年のネット情報から持っていましたので今年はデビューしてみようと少し思っていました。


そうこうしている内に、{{keyword:テレビ}}{{keyword:番組}}で「沖磯エギング」をやられました。
アングラーが多くなっているんじゃないかと思いきや、そんなに人が多くなかったので一安心。


しかしながら一番船に乗り遅れちゃいまして朝マズメは乗り場で待ちぼうけ・・・困り

ドキドキしながら渡船に乗って、広大な海を疾走!

否が応でも「テンションUPPPP」目がハート目がハート


船が磯へ到着。




祝・初上陸ぅぅ!


・・・・無理青ざめ青ざめ

怖い・・・・熱


満潮時に来ましたので恐ろしい「急斜面」に降ろされました。


こんな「崖」で釣りするの?


買いたての磯シューズを信用して「崖登り」を試みます。
なんということでしょうか!?磯シューズって凄い!!びっくり岩場をガシガシと登ることが出来ます。魔法の靴を手に入れた感じです!顔1(うれしいカオ)


足元を安定させることが出来ましたのでエギング開始。

180度全部がポイントのような感じで投げてはシャクリ、投げてはシャクリ。

開始早々10分くらいで初ヒット!顔1(うれしいカオ)




その後、アタリが遠のきますが、ポツポツと釣れました。









同じポイントでしか釣れません。

何か、アオリイカの群れが足止めされるシモリか何かがあるんでしょうね。

2匹連続ヒットもありましたが、数十分に一回の割合で釣れます。


結局、私の成果は8杯のアオリイカをゲットウインク
午前中のみで頑張りました。


予定は20杯くらいいってやろうと思っていましたので、達成感は足りませんが初の沖磯でのエギングに満足です顔1(うれしいカオ)

水が物凄く綺麗!

堤防では味わえない自然との一体感。
でも、自然の怖さも感じました。

エギンガーとして何か一歩は成長したような感じでした。

釣果は同じ渡船の中でも皆、同じような感じでしたね。
ポイント等は、船頭さんお任せなので、自分でポイント指定出来るようになれば、また面白くなってくるんでしょうねぇ。


今回のアオリイカも「イカそうめん」
刺身醤油ではなく「めんつゆ」で食したら美味しいと聞きました。

圧倒的に「めんつゆ」で食べるべきだと思いました!


もうお腹一杯です目がハート目がハート
posted by コットンフィール at 05:58| Comment(16) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする