エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2011年07月18日

魚つかみアイテムについて

今回は「魚つかみ器」の話です。


まずは私の「魚つかみ器」の歴史から・・・・・・


waniiti.jpg


ご覧のように3種類。

ギャフとか、アゴつかみ器まで入れるともっとありますが「つかみ器」だけで3種類です。



エギングが多いのであんまり出番がないアイテムですが、家族でサビキ行ったり、今回のようにキス狙いであれば、必要品となります。




一番上のスチール製の物なんて、毎回持参を忘れるので結局は4個ぐらいあったりします(^^;



今回、初めて一番下の「第一精工・ワニグリップ」を購入しました。






某釣り番組では「もう、ええって。。。(^^;;」


・・・・・・・と突っ込みたくなるぐらい宣伝されていますので、販売当初に気になって購入しようと思いましたが・・・・




お店でビックリ!! 





「1500円超!!!」






コラコラ、こんなプラハサミに何でこんな金額するねーーーん」と思いました(^^




あまりにも衝撃的で即、棚に戻したのを覚えています。



っで、いつもこのスチール製を購入していたのですが、落としたらウルサイ・手入れ不足だとすぐ錆びる・・・・意外と掴みにくい・・・・。


とまぁ、200円商品らしい評価だった訳ですが、今年はキスも順調に釣れるのでちょっとグレードUPをと思い、調子こいて「第一精工」を買物カゴに入れました(^^




すると・・・・


そっくりそのままの物が700円くらい で売っています(^^////



それが真ん中の黄色の物です。





感想としては、



「そうそう、やっとあの1500円物に対抗するコピー品が出てきたか。お尻の部分に穴もあり、引っかけれるようにもなってるし、歯もしっかりしたモノが作られている。質感もいいなー」



「700円?そりゃ打倒なお値段だ。サビキ時の子ども用に2本買っとくか!(^^」





・・・っと、意味不明に高額な「第一精工 ワニグリップ」をまたまた棚にサヨナラしました。





っで、黄色グリップのデビューが前々回のキス釣り。





画像は魚を掴んではおりませんが・・・・・・・・・・




kiwani.jpg




「コラコラ・・・」



別に思いっきり力入れてませんヨ。



普通に掴むだけで、簡単にひん曲がります(^^;;;;



キスってよく引くだけあって、めちゃめちゃ体幹の力があるんですよね。


そんな魚相手に、このひん曲がり・・・・


ご想像つくでしょうか?


イワシとかなら問題ないと思います。

キスはちょっと難しかったです。本当に(^^;;






ま、まさかこんな結果になろうとは・・・・(^^;;;




「第一精工・ワニグリップ」



akawani.jpg




なるほど、某釣り番組で30分の間に5回も登場してくる理由はシッカリあったんだな(^^;

恐らくシッカリと現場で開発されて、素材から使い勝手まで研究されているんでしょうねぇ。


一番使いやすいし、これ以上は求めませんな。。。




でも、1500円超、タイプによっては2000円超・・・・。

ちょっと無理ありません??(^^;;;


posted by コットンフィール at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | タックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする