エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2015年06月28日

アナゴに魅了されて

すっかり、アナゴ狙いのオッサンになってしまった私(^^;


今回も睡眠時間を潰して、チャレンジです。


「孫バリ作戦」も自分の中のシュミレーションではバッチリです(^^

狙うはもちろん。上手に捌くという試練があるために「ほどほどなサイズのアナゴ」です。


大きいサイズが釣れると聞くポイントへ突撃です。


IMG_5495.JPG

蒸し暑い夜です。他アングラーが居ません。


仕掛けは、このようにエサ付けします。

IMG_5505.JPG


上から喰っても、下から喰っても、横から喰っても鋭い2本のハリが口周辺に刺さります。 大きい個体はもちろん、ミニアナゴがかじっても掛かるでしょう。



リンリンっ!!(^^



きたーっヾ( ̄∇ ̄




少しかじり出してから、フッキング!

乗りました(^^




「おぉ〜、孫バリ作戦成功か!?」




ぽろり・・・・(・。・;)



ぬぁ!バレた。



重さからして、そんなに重くないし、小さなアナゴと予想できます。

まぁ、何よりも一発目から孫バリの効果を発揮できました!



「今夜はこのまま釣れまくり」


・・・っと思いますよね(^^;




アタリが来ない!(*´Д`)



せっせと場所替え、投げる場所を広げていきます。2本竿の方が良いカモです。


アタリはありますが、フッキングのタイミングが合わなかったりして、少し難しい雰囲気になってきました。


アタリ待ち中は、スマホをいじったりしますが、その画面のライトで「蚊」が寄ってきたりして、ストレスUPしてきた時!!



リン。。。。。りん、リン。。。





リンリンっ!!りりりん!!(゚ロ゚*)



竿が大きく海方向へ曲げられました!


すかさず竿を立ててフッキング!!






ロッドが・・・ぶ・ち・ま・が・りっヽ(゚∀゚*)ノ




ぐあぁっ〜〜〜(゚□゚;)



おっもッ!!



また、タコさんか〜??


イヤ、ちガウ!!ロッドからの「生命反応は魚体」(^^











(。=゚ω゚)人(゚ω゚=。)






獲ったど〜〜〜〜っ(^^



IMG_5501.JPG


ば、バケモンじゃー(゚Д゚)


アナゴの化け物釣り上げてもうた!




コラコラ!(^^;、いきなりのBIGサイズ過ぎ(^^


暗闇の中での初心者には、心臓に悪い大きさと動きと、力強さです。



もうネ、テンションあげあげですよ(゚∀゚)人(゚∀゚)



やる気UPの私は、引き続き怒涛のキャストを続けます。


孫バリ効果は続きます。



IMG_5502.JPG


こんなヤツも釣れてきます。サンマにアタックしてくるのは「アナゴだけ」と思い込んでおりました(タコ釣ったけど)。
そうか、こんな獰猛な奴も居たら、そりゃ針掛かりもしませんね(^^ 素バリ引かされているのはコイツのせいではないか?

その後にも、釣り歩きまして、そこそこアタリは継続。


IMG_5503.JPG

きっちりとアナゴも釣れます。このアナゴのサイズであれば持ち帰りします。

なんとかアナゴを掛けますが、小さいサイズが続きます。



IMG_5504.JPG

空も明るみ、終了時間が着ました。



結局、合計でアナゴは6匹も掛かりました!(^^

チビちゃんはリリースしましたので、持ち帰りは2匹(^^


ルンルン気分で帰路に着きます。釣りに来て通常のゴールデンタイムに海から離れるのは変な気分です。



アナゴ釣りは無事にクリアです。






わたしには、ここからまだ試練があります。



それは「アナゴ捌き」です。

前回は見事に大失敗です。



じっくりとyoutube動画や、ネット上や、DKさんブログで勉強します。手配・段取りを頭に叩き込みます。


課題は、ヌメリが作業を困難にするのと、切れない包丁。



ヌメリを取るために軽く湯通しをしてから冷水でヌメリを浮き立たせ、こそげ落とします。

包丁はカッターナイフ案もあるのですが、今回は研ぎ直しました。



まずは、小さいサイズのアナゴからです。

ヌメリが無いという事が何と作業しやすい事か(゚∀゚)


慎重にゆっくりと丁寧に捌きました。動画で見たような「シャー」っと切ろうとするから失敗するのです。ゆっくりゆっくり・・・・と。。。





IMG_5508.JPG


大成功!(^^


やった!ついに出来た。アナゴ捌き攻略です。



次は・・・・あの大きいアイツ(^^

ヌメリをこそげ落としまして。。。


IMG_5511.JPG

でっかっ(゚ロ゚;)


予想通り、大きい方が作業的にはやり易かったです。


IMG_5512.JPG


デカ過ぎでしょう(^^



家族4人で食べるには、少し足らないかもしれませんが、念願の「アナゴ天」です。

IMG_5514.JPG


天ぷらが久しぶりです。


IMG_5515.JPG



「アナゴの天ぷら・骨せんべい」

IMG_5516.JPG


う、旨いっ!!(゚ω゚)


最高です。苦労して釣って、苦労して捌いたのが更なる味付けとなって、余計に美味しい(^^;


IMG_5518.JPG


最初は、「塩」で食べてみましたが、途中で「絶対に合うハズ」と冷蔵庫から取り出したのは

IMG_5519.JPG

甘ダレです。スシローで買ってあったやつです。凄く相性の良いタレになってくれました。



いやはや、新ジャンルの達成で気分がよろしいです(o^−^o)


今回の「孫バリ作戦」を活用していけば、もっと釣れるような気がします。アナゴたちも、これからサイズが上がってくるのかな。夏の楽しみが出来ました(^^







・・・・っで、気分よく翌日まで過ごしていましたら。。。

私は、ネットでもっと美味しく食べるアナゴ料理や、更なる釣果を求めて、実績場所などをネットで検索していました。


ふと目に入ったのは、「アナゴとウナギの見分け方」・「アナゴとハモの見分け方」・「マアナゴとクロアナゴの見分け方」等のページです。


今まであまり興味のなかったジャンルなので、そこまで詳しく観てないな?と、改めて勉強し直す気分で、多数のページを読んでいました。




私の釣ったのは間違いなく、「ウナギでは無くアナゴ」です。





しかし、、、




「マアナゴとゴテンアナゴの見分け方」





( ゚д゚) ・・・


(つд⊂)ゴシゴシ


(;゚д゚) ・・・


(つд⊂)ゴシゴシゴシ


(;゚Д゚) …!?


・・・


・・




あの大きいヤツ、、、ゴテンアナゴですやん(^^;



説明:「マアナゴより味は少し落ちる。少し小骨多い」




オイっ!美味しいかったぞ!(`Д´*) 小骨?気にならない程度だったぞ!(`Д´*) 




小さい方は「マアナゴ」だったようです。


なんと・・・( ̄□ ̄;) 微妙に違うかったようです。




でも、この違いというのは・・・



「コウイカ狙いに行って、モンゴウイカ釣るようなものですよね!?」



アオリイカ釣りに行って、コウイカ釣ってきたら間違いとは思いますけど(・ω・`)(笑





えっ〜、でも一応、小さいのは釣ってきたし、捌いたし、食べたし、、、で。

目標達成ですやんね!?ヽ(・∀・`o)





でも面白かった。

次回は、最高の味と言われる「マアナゴの大物」をゲットしたいです。



v(^∀^;)
posted by コットンフィール at 22:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

アナゴ狙い 和歌山

今回こそ、「アナゴ天麩羅」を食卓へ上げるべく、アナゴ狙いを和歌山で挑戦しました。

捌く事が出来なかった未熟な腕前と思うのですが、前回のアナゴさんには申し訳ない事をした。。。

ちょっと細めの小型のアナゴだったという事にも原因があるかもしれないと。。。。自分の腕前は棚に上げまして、今回はちょっと大き目サイズ狙いでポイント選定し、頑張ってみましたよ(^^;


アナゴはどこで釣れるのかな〜っと記憶を探りますと、結構昔に海辺で出会った人たちに情報収集も兼ねて、声を掛けたりするんですけど。



そういえば、3年程前でした。タコ釣りのある日。



「こんばんは。おっちゃん、何狙ろうてますの?」

「アナゴや」

「へ〜、アナゴ?そんなんこんな所に居りますんか?」

「居るで〜。ここは釣れたらデカいんや。美味しいぞ。タコより旨い」

「あんなニョロニョロして気持ち悪いのはよー料理しませんわ。。はっはっは」


こんなやり取りをしたのを思い出しました(^^


「大物アナゴ狙い」にはちょうどいい場所じゃなかろうか。

そう思いまして、今回は初場所へ突撃です。


イザ、釣り開始です。

IMG_5475.JPG


暗闇に光る緑色のケミホタルが良いですよね〜(^^

投入後、数分すれば「リンっリン!」と穂先が揺らされます。


なかなか針掛かりしない、この獲物は未だにアワセるタイミングが分かりません。。。しかし、早アワセは禁物なのは充分承知していますので、穂先がガッタンガッタンっと揺れるまでは辛抱です(^^



リンリンっ!・・・・リンっ。。。。りん!!




リリリン・・・・・リリン、、、、、



チリンっ! チリ・・・・・





う〜ん、なかなか針に掛かりませんぞ(^^




仕掛けを回収すると、相変わらず、きっちりと釣り針からサンマの切り身が外れています。



なんとも、上手に喰う奴らです。。。( ̄― ̄)




サイズが小さいんだろうと勝手解釈していますが、どうなんでしょうね。




そうこうしている内に、めっきりアタらなくなりました(*゚.゚)



四方八方へ投げても、穂先は全く揺れません。


こんな時は、スマホで情報収集や、ニュースを読んだりしておきますが、どうにもこうにも穂先が揺れない。




時期と狙い場所を間違えたか・・・?



どうしても成果が欲しかった私は、思い切って場所移動を決断しました。

向かう先は、前回のアタリの多かったポイントです。




深夜に車をダッシュさせまして、残り時間少ない中で頑張ります。

最近は「夏至」周辺なんですよね、そりゃぁ朝が早いハズだ(^^;



早速、竿先が揺らされますが、どうにも掛かりません。




ちょっと、考えました。


「孫バリ」を付けてみよう・・・・と。


しかし、スグに用意出来る時間もないために、釣り針をもう一本増やしてみました。


IMG_5477.JPG


ちょ、、ちょっと違和感あるけど、何とかなるかな??(^^;;


目立ってイイかも(^^





すると、、、、今までにない竿の揺れが発生です!



間違いなくフッキングしました(*゚∀゚)*




重みを感じてあげてきますと、、、、


IMG_5476.JPG


ヨッシャ(^^ 釣り上げました!!



「孫バリ作戦」成功かもしれません!!


しかし、サイズが小さすぎかな。前回のサイズと似ています。
もう少し大きいのが欲しいので、今回は逃がしてあげました。


この孫バリ作戦のおかげで、この後もバンバン釣れると思ったからです。




思ったからです。。。。





・・・・思ったからです。



・・・・


・・・・




アタリも無くなりました・・・・m(*T▽T*)m






明るくなって終了ぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。






穂先を揺らすアタリは、100回以上ありました。

獲物は一匹(リリース)






なんで?


サンマが大き過ぎ?




う〜〜ん、、「孫バリ作戦」を実行して、スグに1匹釣れましたが、その後は極端にアタリが減りました。さすがにアナゴ達がいくら貪食とはいえ、違和感が伝わったかな〜(^^;



次回のために、少し孫バリを目立たないように考えてみました。


IMG_5493.JPG

「エサは目立つけど、目立ち過ぎず」


サンマの切り身を止めて、青イソメにする?イヤ、ダブルで針に付けてみる?(^^;



(*・ェ・*)ノ
posted by コットンフィール at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

休日 野釣り師になる

梅雨週間です。天気は超不安定。

カンカン照りよりはマシで、釣り日和だ!・・・・・・という事で。

FullSizeRender (2).jpg


もう完全なるヘラ師です私(^^;


野釣りです。ビックワン目指して、某ダム湖へ来ました。

ヘラブナ釣りは、管理釣り場の方がどちらかと言うと数が釣れます。狭い範囲でヘラブナの密度が濃いのです。今回のような「野釣り」は、広大な場所からヘラブナを寄せて釣るという、管理池とはまた違う楽しさがあります。


放流魚とはいえ、野生育ちです。一番の大きな違いは、単純に「力強さ」が違います。野良猫の顔つきって飼い猫の顔と違う雰囲気があるでしょう?あんな感じ?かと思います(^^;


釣り出して、まずは挨拶してくれるのは、ブルーギルたち。ギルちゃんズですね。

一時間ほど経過したでしょうか。ウキの動きがギルとは違う、ふんわりとした動きが見えだします。ヘラブナがエサの周りに寄ってきているのがウキを通して知る事が出来ます。


気持ちよく入ったウキにアワセを食らわせますとっ!( ̄ー ̄)




まずは一匹目です(^^

IMG_5427.JPG


私のような初心者には、この一匹でも釣れたらスゴイ事です(^^


程なくして、またウキが漂い始めました。

数投、打ち返していると・・・・・。


餌とオモリとウキが一直線になる前に、ウキがクンっ!と入りました!




野生の強烈な引きの上、上がってきてくれたのは・・・・。

IMG_5428.JPG

綺麗な魚体です(^^


早くも2匹目ゲットです。

このまま一日中、釣れ続くと思いきや、、、、、、




IMG_5432.JPG


完全に沈黙。ギルも居なくなる時があるくらいです。

7時過ぎに2匹目を掛けてから、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとヘラブナは上がりません。周囲のお爺さんたちも釣れません。聞こえてくるのは「今日はアカン日や、喰わん日や」とのテンションの下がるお話ばかり。


ヘラブナ釣りさえも「今日はアカン日」を選んで、釣りに来る私はどうしたらいいんでしょう(^^;


しかし、2匹はゲット中です。これでも見える釣り人の中では竿頭です。


ギルのアタリや、よく解らんアタリがず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと続きます。明確にヘラブナなアタリが出ません。ギルは良く釣れます( ̄Д ̄)





気持ちいいアタリをアワセた時、プルプル〜っとギルがヒット( ̄-  ̄ )


「今日はこいつばっかりやな〜。せめて手のひらサイズが来いよ〜〜〜」っと思ってましたら、、、、





ぐぐグググーーーっ!!Σ(・ω・;|||




「ぬぁぁぁ、なんじゃ〜!?ギルの引きがとんでもない引きに変身したぞー」
















IMG_5431.JPG

ブラックバス 40センチ 



「ブルーギルの泳がせ釣り状態」だったようです(^^;


よくもまぁ、上手にヘラバリに掛かったものだ(^^;


のべ竿でのバスとのファイト。そりゃぁなかなか迫力満点でしたよ!(゚∇゚ ;)腕が痛くなりました。





んで、また、、

ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと、ヘラのアタリ無し。





・・・・・だったのですが、ギルのようなアタリで、ウキが消込みました!


バシっ!!っとアワセましたら。







ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーーーーーーーーーんっ!!






(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







一瞬にして、竿がのされました。



完全に竿が曲がり切り、あとは耐えるのみ。





ぶんっ・・・・・




竿が宙を舞いました| ̄ω ̄、)





切れた・・・・・・・・。




アワセてから、走られ、のされ、切れるまで、ほんの5秒程度。。。



なんというパワー。







(°◇°;) !?





ほほほ、ほ、ho、ho、穂先が無いです・・・・・。



「おわぁっ!穂先が抜けた。そんなに竿を真っ直ぐにした訳ではなかったのに(^^;;」


正体不明の魚には「針・オモリ・ウキ・4mの道糸・穂先」と持っていかれました。

初体験の事で、ショックにて写真撮るのも忘れました。

魚さんも大丈夫か?(^^;;


予備の短め竿の穂先の経が合いましたので、代用して再チャレンジです。
使わないと思ってたけど、短い竿を持ってきてて良かった(^^;


またまた、釣れない時間が続きます。





あまりにも不発の日という事で、もうお爺さんたちは皆、帰り支度を始めました。


「兄ちゃん、まだやるんか? 今日はあかんで。また明日来よう」

「明日は仕事で・・・・」

「そやな。ワシらは毎日、日曜日やからなー。また明日来るわ。はっはっは〜」





なんと、幸せな人たち(^^;

定年したら、毎日「ヘラ釣り」だそうです。

ダムに4日間ほど連泊してる人も居るそうで、へらぶなの魅力は凄まじい事が分かります。皆元気な高齢者さんたちです。


そうこうしている間にも、ウキはちょこちょこ動いています。





釣れない時間も面白いとは、ヘラブナ釣り恐るべし。

ボーっとウキを見ているだけでなく、「アレしたらどうなる?コレしたらどうなる?イヤもう諦めよ。でもこうしてみようか?」と、コレをブログに書く表現文章が私には見当たりません(=´▽`)ゞ





落ち着いて、周囲を見渡します。

そういや素晴らしい環境に座っているんでした。

IMG_5433.JPG


海の広大さも良い。ダムの自然の中も良いです(^^







もう、釣り開始から12時間を経過してきました。。。その間に釣り座から立ったのは、トイレに2回だけ。

腰から下が、何かオカシイです(^^;;
「12時間、胡坐をかきっぱなし」なんて、日常生活では無いですもんね・・・・。ヘラブナ釣りは身体に悪い遊びです(><;



しかし、夕刻のゴールデンタイムは、私に降りかかってきました┏(`○´)┛



「タナを下げると、ギルが釣れる」

でも、

ウキの動きは「ヘラブナが寄っている」感じ。



このように予想した訳です。

キャプチャ.JPG


なので・・・、タナを思いっきり上げてみました。ウキからオモリまで60センチです。





試しにその仕掛けで振り込みますと。


ヽ(∩。∩゛ヽ)
IMG_5434.JPG


(ノ∩。∩)ノ
FullSizeRender.jpg




もう一匹釣り上げまして、連続3連匹!!.。.:*(嬉´Д`嬉).。.


水面直下なので、居たら見えそうなんですが、見た感じではヘラブナは見えません。



ここでタイムアップ。終了〜〜。

合計5匹の野べらをゲットです。



まさかの最後はチャンスは、超短いタナであったとは。水深3m以上あるのに!?



一日中、釣りして遊びました(^^

間違いなく「野釣りは面白い」


その日の夜から、翌日まで腰痛と脚痛に襲われましたケド。。。。


また行こう。


竿、どうしようか・・・ハァ━(-д-;)━ァ...



(* ̄o ̄)ゝ
posted by コットンフィール at 00:46| Comment(10) | TrackBack(0) | ヘラブナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

アナゴ リベンジ

前回、惨敗に終わりました「アナゴ釣り」のリベンジの日がやってまいりました!

睡眠時間を潰して、頑張りますよ(^^


DKさんのアドバイスにより、新天地へ突撃です(*^-^*)


サンマの切り身を購入し、仕掛けもきっちり作り直して、イザ実釣です。

DKさんの仕掛け案を拝借いたしました。

FullSizeRender (2).jpg


一投目から、竿先を揺らすアタリです「鈴」を付けましたので、賑やかな音が鳴ります。


しかーし、、、なかなか針掛かりしません

早めにアワセてもダメ。

待ってたらエサだけしっかり持っていかれる。。。



同じ場所で連続でアタリます。相当なアナゴのストック量なのかもしれませんゾ!


チンチリリンっ!!っと竿先が揺れます。


少し放置プレーで様子を見ます。針掛かりすると竿先に大きなアクションが出るはずです。
相当、小さいアナゴちゃんがこずいているのでしょうか。長時間カジッているようです。


、、、、竿先の揺れが止まりました。。。


「あーあ、餌を持っていかれたかな?」と竿をしゃくってみますと。。。。



ドンっ!!



ぬぁっ!お、重いっ!!(^^


コ、コレがアナゴの引き?重さなのか!?


初アナゴは超大物だぁっぁぁぁっぁあああああ!=(。ノ・ω・)ノ













FullSizeRender (3).jpg



き、きき、きっしょっ!!!(゚Д゚)


タコのようですが、恐ろしく「足が長いっ!」少し離れて立つ私の靴に足が伸びてきます(><;



コイツは、いつものタコじゃねぇ(((((( ;゚Д゚)))))

きっと毒があるんじゃないか?と思い、捨てようと思いましたが、一応携帯で調べてみますと「テナガダコ」という蛸だそうです。食べることができるということでしたので、クーラーに収まってもらいました( ̄ー ̄)ニヤリッ


その後には、アナゴからのアタックがあるものの、針掛かりをしません。
アナゴが餌に触ってるのではないのかもしれませんけどもね。

FullSizeRender.jpg

きれいにサンマの皮だけ残してくれています(^^;


サンマを小さく切ってみたり、針へのつけ方を変えてみたりと、試行錯誤を凝らしますが、針掛かりしません。。。。しかし、竿先は投入後には10分以内には揺れ出しますので、非常に忙しい&楽しいです(^^





小さく揺れていた竿先が、今まで以上に大きく揺れました!



ロッドに重みを感じます!!

ついに釣れた〜〜〜〜(*´∀`*b)


FullSizeRender (9).jpg

気持ち悪さが勝るかもしれないと思っていましたが、いざ狙って釣れると、このクネクネ感は全然気になりませんでした(^^

少し早めに絞めましたけども(^^;


やっと釣れた〜。こんな小さなサイズであればそりゃ針掛かりにしくいハズです。餌のサンマも大き過ぎたかな?さぁ、家族でアナゴ天を楽しめるくらいには釣って帰るぞ〜っと思って頑張ります!



しかし、無情にも空は明るんできます。

FullSizeRender (8).jpg


アナゴは夜行性です。AM4時30までが勝負でしょうねぇ。

竿先はリンリンと賑やかに楽しませてくれますが、針掛かりした時の大きなアクションは出ません。餌のサンマも残り少なくなってきたところで、、、、、

FullSizeRender (12).jpg

明るくなって、釣り終了です。

ホントに、明るくなってからピタっ!とアタリが止まりました。



一匹だけでしたが、ミッションコンプリートです(^^。

ダッシュで帰宅&爆睡です。



夕食前に段取りを開始しました。


FullSizeRender (11).jpg

ながーーーーーい足(手?)です!Σ( ̄□ ̄lll)

全長100センチもありましたよ。

分かりましたっ。
たまにコウイカエギングでエギのカンナに掛かってくる、ほそーいチビ蛸が成長したヤツですわ。


FullSizeRender (10).jpg

おぉ、アナゴです(^^
昔に釣れた時は完全に「外道」でしたが、今回は狙って釣った獲物です。



FullSizeRender (5).jpg

DKさんのブログを参考にして、目打ち風で捌きを開始です。


ヌルっ、ぴろっ、ニュルっ、、、、、、(p・Д・;)アセアセ


包丁がきれいに入らない&走らない、、、アナゴが細いからか、私の腕前不足か、、、

台所でアナゴと格闘すること10分少々・・・・



FullSizeRender (6).jpg


アナゴさん・・・・・・

・・・・・・・・・ゴメンナサイ。。。。


私には、「中級レベル」といわれる「アナゴ捌き」は不可能かも。。。。


残念ですが、今度頑張ります。。。



テナガダコは、細かくぶつ切りに。

FullSizeRender (7).jpg


「テナガダコのだし巻き玉子」
IMG_5394.JPG


「テナガダコの玉子炒め」

IMG_5398.JPG



タコ系なのだから、美味しいと思うでしょ?

身に味が無かったです(^^;。真蛸とは違いましたね。


今回はアナゴの味はテーブルに上がりませんでしたが、また今度こそリベンジです。

ん??リベンジじゃないな(^^::


o( ̄Д ̄o)
posted by コットンフィール at 23:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

無理やり野釣り

気になるアナゴですが、わたくしの生活スタイルが「夜釣り」をやりにくい日常生活の状況な上に、「今夜は行けるかも!?」と思っても、天気予報が「夜間はずっと雨」という事で、今回は諦めました(><;

梅雨が本格化すれば、好釣果が出るようなので、まぁ今回はヨシとしましょう。




ぽっかり空いた休日です。



暑くて釣りに行けないです。






・・・・っと思いましたが、釣りに行きたいです(゚д゚)・∵.






アナゴ釣りに行っても、今夜の夕食のオカズには間に合わない。

夕方からの春アオリ狙いに行っても、たぶん5年連続ボウズ記録に更新するだけ。

キス釣りに行っても、今夜の夕食には間に合わない。

ヘラブナ釣りに行くとしても、釣り台などの野釣り品セットがまだ無い。

バス釣りはこの前に行って、そこそこサイズを釣っているので満足感がまだある。





・・・・・・。



(´-ω-`;)ゞ


太陽の傾く15時から、「ヘラブナ釣り」に行く事にしました。

野釣りセットは無いですが、砂浜用の竿立てが一本ありますし、最悪の場合は、手持ちで頑張ってみよう、椅子は無くとも地べたに座れば何とかなるでしょう(^^;・・・っと超安易な考えと姿勢で向かいました!



行き先は、先日にでっかいヘラブナの死体を見た池です。



写真 1.JPG


簡単な道具セットしか持参していません。まるで小学生のフナ釣り状態です(。・"・)


結局、エサ打ち開始は16時です。暗くなるまで3時間。なんとかなるでしょう(^^;

そんなに長い竿を持っていませんので、池のほとりに座っての釣りとなると超手前しか狙えません・・・・。

まさしく「水辺に座って」です(^^

水深1.5m程度です。。。



さすがに釣りには成らないかと思いましたが、道具はこれだけ&時間もこんだけですので、このまま「ウキが見れたらそれでいいじゃないか」という事にしました。



投入直後からウキは動きます。

でも、全部ブルーギルの反応ですね。ウキゴムやオモリやサルカンにも突っついてきているようです。

竿の穂先まで突っついてきます(^^;;


まったくヘラブナのアタリのないまま、ブルーギルを餌付けしていました。



釣り開始から、1時間半経過したその時っ!!Σ(゚Д゚ノ)ノ



ウキの動きが明らかに、ギルちゃんズたちでは無いサワリが出ました。


明確な喰いアタリにバシっ!っとアワセましたら、、、、完全にっ!!(^^



記念すべき野池ヘラブナ1号だぁ!┗[ *゚Д゚* ]┛




写真 2.JPG


アナタは何者?(^^;



鯉の顔にも見えるけど、髭が無い。

ヘラの目にも見えないことも無いが、体高が無い。


マブナかな〜?

マブナなんでしょうねぇ。



でも、練り餌を初めて投入した池での初獲物です。凄く嬉しかった。記憶に残る一匹です!


このままの勢いでヘラブナも来い〜。っと期待して投入を続けますが、相変わらずギルちゃんズの応酬に合いまして、ウキがビクビクと動いています。。。(^^;



そうこうしている内に、まだウキの動きが怪しくなりました。

ヘラのサワリか?ギルでは無いのは分かりました。



タンっ!っとウキが消しこみまして、私の竿が大きく曲がります(^^




大きく曲がります!



めっちゃ大きく曲がります!!





・・・・・・。




タコでも釣れたのか?っと思うほどの重量感。











写真 3.JPG




か、亀ぇ〜(^^;



タートルズです。。。






そんなこんなで、19時になりまして、タイムアップです。



いや〜、面白い釣りでした(@^▽^@)ノ



3時間もして、たった2回の喰いアタリ。

その2回のアタリを的確にゲットしたのに「マブナ」「ミドリ亀」


ヘラブナちゃんたちは、私の前には現れませんでした。

また、今度にしといたるわー。



( ̄◇ ̄)
posted by コットンフィール at 16:22| Comment(6) | TrackBack(0) | ヘラブナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする