エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2015年06月22日

休日 野釣り師になる

梅雨週間です。天気は超不安定。

カンカン照りよりはマシで、釣り日和だ!・・・・・・という事で。

FullSizeRender (2).jpg


もう完全なるヘラ師です私(^^;


野釣りです。ビックワン目指して、某ダム湖へ来ました。

ヘラブナ釣りは、管理釣り場の方がどちらかと言うと数が釣れます。狭い範囲でヘラブナの密度が濃いのです。今回のような「野釣り」は、広大な場所からヘラブナを寄せて釣るという、管理池とはまた違う楽しさがあります。


放流魚とはいえ、野生育ちです。一番の大きな違いは、単純に「力強さ」が違います。野良猫の顔つきって飼い猫の顔と違う雰囲気があるでしょう?あんな感じ?かと思います(^^;


釣り出して、まずは挨拶してくれるのは、ブルーギルたち。ギルちゃんズですね。

一時間ほど経過したでしょうか。ウキの動きがギルとは違う、ふんわりとした動きが見えだします。ヘラブナがエサの周りに寄ってきているのがウキを通して知る事が出来ます。


気持ちよく入ったウキにアワセを食らわせますとっ!( ̄ー ̄)




まずは一匹目です(^^

IMG_5427.JPG


私のような初心者には、この一匹でも釣れたらスゴイ事です(^^


程なくして、またウキが漂い始めました。

数投、打ち返していると・・・・・。


餌とオモリとウキが一直線になる前に、ウキがクンっ!と入りました!




野生の強烈な引きの上、上がってきてくれたのは・・・・。

IMG_5428.JPG

綺麗な魚体です(^^


早くも2匹目ゲットです。

このまま一日中、釣れ続くと思いきや、、、、、、




IMG_5432.JPG


完全に沈黙。ギルも居なくなる時があるくらいです。

7時過ぎに2匹目を掛けてから、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとヘラブナは上がりません。周囲のお爺さんたちも釣れません。聞こえてくるのは「今日はアカン日や、喰わん日や」とのテンションの下がるお話ばかり。


ヘラブナ釣りさえも「今日はアカン日」を選んで、釣りに来る私はどうしたらいいんでしょう(^^;


しかし、2匹はゲット中です。これでも見える釣り人の中では竿頭です。


ギルのアタリや、よく解らんアタリがず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと続きます。明確にヘラブナなアタリが出ません。ギルは良く釣れます( ̄Д ̄)





気持ちいいアタリをアワセた時、プルプル〜っとギルがヒット( ̄-  ̄ )


「今日はこいつばっかりやな〜。せめて手のひらサイズが来いよ〜〜〜」っと思ってましたら、、、、





ぐぐグググーーーっ!!Σ(・ω・;|||




「ぬぁぁぁ、なんじゃ〜!?ギルの引きがとんでもない引きに変身したぞー」
















IMG_5431.JPG

ブラックバス 40センチ 



「ブルーギルの泳がせ釣り状態」だったようです(^^;


よくもまぁ、上手にヘラバリに掛かったものだ(^^;


のべ竿でのバスとのファイト。そりゃぁなかなか迫力満点でしたよ!(゚∇゚ ;)腕が痛くなりました。





んで、また、、

ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと、ヘラのアタリ無し。





・・・・・だったのですが、ギルのようなアタリで、ウキが消込みました!


バシっ!!っとアワセましたら。







ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーーーーーーーーーんっ!!






(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







一瞬にして、竿がのされました。



完全に竿が曲がり切り、あとは耐えるのみ。





ぶんっ・・・・・




竿が宙を舞いました| ̄ω ̄、)





切れた・・・・・・・・。




アワセてから、走られ、のされ、切れるまで、ほんの5秒程度。。。



なんというパワー。







(°◇°;) !?





ほほほ、ほ、ho、ho、穂先が無いです・・・・・。



「おわぁっ!穂先が抜けた。そんなに竿を真っ直ぐにした訳ではなかったのに(^^;;」


正体不明の魚には「針・オモリ・ウキ・4mの道糸・穂先」と持っていかれました。

初体験の事で、ショックにて写真撮るのも忘れました。

魚さんも大丈夫か?(^^;;


予備の短め竿の穂先の経が合いましたので、代用して再チャレンジです。
使わないと思ってたけど、短い竿を持ってきてて良かった(^^;


またまた、釣れない時間が続きます。





あまりにも不発の日という事で、もうお爺さんたちは皆、帰り支度を始めました。


「兄ちゃん、まだやるんか? 今日はあかんで。また明日来よう」

「明日は仕事で・・・・」

「そやな。ワシらは毎日、日曜日やからなー。また明日来るわ。はっはっは〜」





なんと、幸せな人たち(^^;

定年したら、毎日「ヘラ釣り」だそうです。

ダムに4日間ほど連泊してる人も居るそうで、へらぶなの魅力は凄まじい事が分かります。皆元気な高齢者さんたちです。


そうこうしている間にも、ウキはちょこちょこ動いています。





釣れない時間も面白いとは、ヘラブナ釣り恐るべし。

ボーっとウキを見ているだけでなく、「アレしたらどうなる?コレしたらどうなる?イヤもう諦めよ。でもこうしてみようか?」と、コレをブログに書く表現文章が私には見当たりません(=´▽`)ゞ





落ち着いて、周囲を見渡します。

そういや素晴らしい環境に座っているんでした。

IMG_5433.JPG


海の広大さも良い。ダムの自然の中も良いです(^^







もう、釣り開始から12時間を経過してきました。。。その間に釣り座から立ったのは、トイレに2回だけ。

腰から下が、何かオカシイです(^^;;
「12時間、胡坐をかきっぱなし」なんて、日常生活では無いですもんね・・・・。ヘラブナ釣りは身体に悪い遊びです(><;



しかし、夕刻のゴールデンタイムは、私に降りかかってきました┏(`○´)┛



「タナを下げると、ギルが釣れる」

でも、

ウキの動きは「ヘラブナが寄っている」感じ。



このように予想した訳です。

キャプチャ.JPG


なので・・・、タナを思いっきり上げてみました。ウキからオモリまで60センチです。





試しにその仕掛けで振り込みますと。


ヽ(∩。∩゛ヽ)
IMG_5434.JPG


(ノ∩。∩)ノ
FullSizeRender.jpg




もう一匹釣り上げまして、連続3連匹!!.。.:*(嬉´Д`嬉).。.


水面直下なので、居たら見えそうなんですが、見た感じではヘラブナは見えません。



ここでタイムアップ。終了〜〜。

合計5匹の野べらをゲットです。



まさかの最後はチャンスは、超短いタナであったとは。水深3m以上あるのに!?



一日中、釣りして遊びました(^^

間違いなく「野釣りは面白い」


その日の夜から、翌日まで腰痛と脚痛に襲われましたケド。。。。


また行こう。


竿、どうしようか・・・ハァ━(-д-;)━ァ...



(* ̄o ̄)ゝ
posted by コットンフィール at 00:46| Comment(10) | TrackBack(0) | ヘラブナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする