エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2016年05月24日

へらぶな釣りで一番お金が掛かると思っている部分

当ブログにも「ヘラブナ」の文字で検索がたんまーに有ります(^^

へらぶな釣りの情報が少ないネットの世界。ある意味、身のある情報が釣り人間同志で伝わってるんだと思います。釣り場で座っている方が、いろんな情報聞きますからね。釣るコツとか技も(^^)

私の情報なんて、何も役には立たないと思いますが、「ヘラブナか〜・・・」と興味を持たれている方々向けに情報発信です(^^



今日は、へらぶな釣りの「餌」の紹介です。


ヘラブナの餌は、凄く種類が多いです。もう店に行って悩みまくります。その特性を知っていないと、とんでもない餌を作り上げるか、奇跡の餌を作り上げるか、、、という何かのゲームにあったような(^^;


でも、袋を開けてみて中身を見てみますと・・・・・「全部一緒とちがうんか?」と思ってしまう事も多いです。材料を見ても「麩・さなぎ粉」がほとんどで、配合比率が違うのか、麩の種類が違うのか、イマイチ私にはまだ分からないのです。明らかに感じが違う場合もありますよ。お試しで色々と購入してきましたが、今は少し種類を絞ってきています。大きく手を広げ過ぎて、訳わからない状態になってきましたので。。。



餌を配合する楽しみもあると思いますが、今は2種類くらいしか混ぜません。

良いのが完成しても、再現が出来ないんです(^^;

適当に思いつきで作るからですけど(。・_・。)




まずは、ダンゴ餌

IMG_0939.JPG

粘る、バラける、重い、軽いなどの種類があります。
そんな事を組み合わせながら、自分オリジナルの物を作るのですが、もう私はよく分からなくなってきているので、画像のような配合がされたバランスのいい餌を愛用しています。


次は、バラケ餌

IMG_0938.JPG

パラパラとバラケることで、へらぶなを寄せます。
広がってバラケるとか、下に向かってバラケるとか、深く沈んでからバラケるとか、ホント沢山存在します。
これも私の適当な調整ではへらぶなは寄らず、単品物を愛用しています。


次に、調整餌

IMG_0940.JPG

時間と共にベタベタになってくる餌をサラサラに戻したり、逆にベタベタにしたり、重みを足したり、バラケ具合を変えたりと、コイツもいろいろな種類が存在します。
まるで、調味料を加えて、料理をするような感じで楽しいです。


これは、クワセ餌

IMG_0941.JPG

ウドンのような物や、聞いた事があると思いますがグルテン、トロロ昆布でヘラブナに餌と思わせず間違って誤食させるような餌もあります。



これらは一部の餌です。お店にはもっと沢山有りますし、私もこの一年間でもっと多種類を使用してみました。お値段が、500円前後から900円程度まであります。私は贅沢に大きな餌をつける癖があるようで、どんどん打ち込んでいます。だから、へらぶな釣りでは「餌の購入金額が一番多いかも」しれません(^^;


下手くそのクセに、いろいろと手を出し過ぎて混乱し、今はとりあえず基礎から餌の考え方をやり直しです。

何かと道具の多いへらぶな釣り。この餌たちを現地へ持参するだけでも大きなカバンが必要になってきます。たくさん有っても、軽いのが幸いですけどね。



餌なんてどれも一緒でしょ。

・・・・っという考え方もアリです。

そう思うことも多々あります。

しかし、この餌だから釣れない、この餌だから食うというのも存在します。




一匹を楽しむのか、人より多く釣ることを楽しむのか、浮きが動くのを見るだけを楽しむのか。

釣って食べない魚なので、楽しみ方は無限ですねぇ(^^





そういえば、食べると言えば、滋賀県には「鮒寿司」という恐ろしい食べ物が存在します。

へらぶな釣りにハマっているのだから、鮒寿司も食ってみるか・・・・。







(ヾノ・∀・`)ナイナイ




( ・д・)
posted by コットンフィール at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

2016春アオリ 

春アオリに行ってきました!

ネット上では、「釣れてる!釣りました!キロUP!エギングで!ヤエンで!」


もう情報が沢山です(^^


その情報たちを見ていると感じていますのは、少しヤエン釣りが多いような気がする事です。皆さん、エギングは辞める方向に向いてきたのかなと勝手に思っています。店のエギコーナーも縮小傾向ですしね。


これだけ釣れない(私だけ?)と、そりゃジャンルとしては、縮小していくかもですね。難しい釣りと思います。



私も春エギングを縮小すべく、エギの消化に励んでいます(^^


IMG_0927.JPG

まだエギがこんなにあります。エギの命?と引き換えに春アオリを捕まえにいきますよ。



またもや、クーラーには氷は入れません。

クーラーも持参なしでいいくらいですが、、、、さ、さすがに釣れたら困るので、、、




今回は南紀までは行きません。釣れませんし( ̄¬ ̄*)



釣行は、夕方から夜までです。

明るい時間帯から始めますし、せっかくですから初めての場所へ入ってみます。

「エギングポイント集」みたいな大昔の雑誌を立ち読みしましたので、今まで釣った事のなかった場所へ行ってみることにしました。雑誌には実績場と書いてましたが、現場に着くと、雑誌で見た地形と違う(^^;;

さすがに雑誌の情報が古すぎたようです。


しかし、駐車スペースで、エギンガー風の兄さんに「釣れてますかー?」と声を掛けたところ、「釣れないですねー。こっちはどうかなと思ってきました」との情報。来た事ある感じでしたので、ちょこっとポイント情報を貰いました。


散歩しているお婆さんにも「兄ちゃんイカか〜」と声を掛けられました。所持している道具でイカ釣りと分かる地元婆さんが居るとは、なかなかの実績場所と確信しました。



どう見ても一級ポイントに見える場所に入る事が出来ましたが、、、、墨なんて一つもありません

先ほどのエギンガー風兄さんは、まったく釣れなさそう場所で投げています。


???? う〜ん分からない(^^;;



とりあえず、周囲の環境、潮の流れ等を総合的に見て、釣れるだろうと予測した私は、この一級風のポイントで夕方のゴールデンタイムを過ごす事に決定しました。

追い風だったので、物凄く広範囲に探ることが出来ましたが、アオリイカのアの字も無く、ゴールデンタイムは過ぎていきます。


IMG_0928.JPG



「この場所も気になるな」と観ていた場所に数名のエギンガーが入っていましたが、そこにも墨跡も無いんですよね。メバリングの人なども見掛けました。



雰囲気は非常に良いんです。

でも生命感が薄い。

サビキ釣りの後も無い。

ポイントが綺麗なんです。

水面にはボラが飛び跳ねているだけ。


IMG_0932.JPG



2時間半、やってみましたがアタリも無く、他人が釣れている様子もなかったです。



場所変更をしようかと車に戻っている最中に、散歩オジサンに出会いました。立ち話をしていましたら、散歩オジサンは言います。


「昔はこの辺でも、よー釣れた。イカでもカツオでも、夜中に船が並んで綺麗やったわ〜」


よしっ、おっちゃん。今現在の情報をちょーだいщ(゚д゚щ)カモーン



「今か、、、今はなんやろうな、何も居らんな。兄ちゃんのようなイカ釣りの人は多いけどな。海沿いが賑やかになっていいけどな。」


っと、パッとしない情報(^^;;;



海藻がある場所も多かったので、秋アオリ狙いにはいい場所かもしれませんね。
底も少し調べましたが、砂地らしい感じがしましたので、コウイカ狙いにもいいかもしれません。コウイカの墨跡も無かったですが、竿抜けポイントになる事に期待して、今度狙ってみたいと思います。



「また釣れなかった」という残念感と疲労感の中、携帯で次の場所を探しているとエギンガーたちが乗った車が出発しました。



「釣り人の車の後について行こう作戦」を実行しました。



「ランガンしている人と一緒に行動する」という、新規ポイント開拓にはなかなか成果のあるちょい高等テクニックな釣り方です(^^;



しかし、その車はラーメン屋さんへ入っていきました( ゚д゚)


もう今日は深追いせず、翌日の仕事にも影響あるかもしれませんので「釣り終了」としました。



アオリイカ狙い。。。。


今回もボウズとなりました。

両肘が痛い(×o×;)








(´・ω・`)

posted by コットンフィール at 13:11| Comment(4) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

2016春アオリ 南紀!中紀!

春アオリイカ


それはもう、私の中で伝説化しているイカの王様



最初で最後の出会いは「2010年」



ろろ、ろ、、、6年もお見掛けしておりません。

イヤ、他人の春アオリイカは何度か見ました(^^;




もう今年は春アオリはせずに、無駄な時間は省こうと思ってました。


しかし、何かが私を春アオリに向かわせたのです。自分でも分からない。





イヤ、多分、、、自分の過去のブログ記事を読んだからですわ。


2010年の過去の栄光


この時は超興奮しました。ブログの文章からもまだ興奮が感じられます。




午後からの出発で夕マズメ〜夜中狙いとしました。早朝はすぐに明るくなってしまうので、じっくり攻めたいと思ったのです。

IMG_0876.JPG




縁起も担ぎます。

IMG_0873.JPG

クーラーボックスに氷を買わずに釣り場へGO。
釣った時に氷を買っていなくて、焦ったことを覚えています。
だから、今回も氷は買わない(^^




紀北でも釣れているが、今回は確実性をUPさせるために南下します!
中紀か? イヤ、南紀まで行ってしまいましょう!




高速道路を初めて終点まで走行しました。


IMG_0877.jpg



串本までめっちゃ早っヽ(゚ロ゚;)



この短時間で、串本まで来れるなんて驚きです!GWの最終日に逆走の南下なので、道もガラガラでした(^^



今日は、持っている3号以上のエギを揃えてきました。

IMG_0880.JPG


全部、根掛かりするくらいに攻めていきます。もうこのサイズのエギは買い足さない!無くなったらもう春アオリ狙いはしないっていう自分ルールを設定です(^^




さすがは南紀です。

ロケーションは最高。釣れるような感じがビンビン来ます。

IMG_0881.JPG


ベストタイムを迎えます。
周囲にはほとんど人は居ない。でも足元にはコウイカではない墨跡も多いです。コウイカ狙いと違って慎重に、エギを操作します。シャクった後は、うみパパさんに教えてもらった「微動だにせず」です。きっちりとエギを落としていきますよ。



一番釣れそうな場所では、アオリの気配は無し。

車を北上させながら数か所のポイントを回っていきます。釣れそうなポイントをまとめてくれているサイトさんが出来たみたいですので、助かりました。


数年前にはデカアオリ祭りになって、人だかりがあったポイントも数名しか人が居ません。


その他の場所では、ヤエンのお兄さんからアオリイカの釣れている情報ももらい、益々、私のロッドも緊張感が走ってきます。





投げに投げて、シャクって止めて。シャクって落として。。。。





多くのメジャーポイント&マイポイントを回りました。








えっ!?春アオリ??









やっぱり、私には釣れない。。。。





こんなにブームが去った感じがする良いタイミングなのに、、、、、、。







ありがとう、春アオリ。


オマエは、とことん釣れないんですね(−_−)。。。







(´‐ω‐)=з
posted by コットンフィール at 01:42| Comment(8) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

へら鮒との戦い・キスからの誘い

コウイカシーズンが終われば、いつもはキス釣りへ展開しますが、去年より「へら鮒釣り」にハマってます。敷居が高く感じるヘラブナ釣りですが、ちょびっと本気印でやってみると面白いです。今年もへら鮒を釣っています。

ブログにUP出来ていないのは、常に手がエサでベタベタなので写真撮影が困難なのと、自分は一ヶ所に座りっぱなしということもあり、あまりネタなく、、、ブログに載せにくいんですねー(^^;

IMG_0862.JPG

こんな写真ばかりでは、面白くないですし。。。

また、ヘラブナ釣りはボチボチUPしてみます。更新されていない時はヘラブナ釣りに行ってる時と思います(^^;;



今年は暖冬の影響なのか、キス釣り情報もネット上では出てきていますね。
チビのくせに釣って楽しい、食べて最高の「キス」は、今年も狙いたい魚です。


ブログの訪問される方々も多くなっているのは、キス釣り、ちょい投げのキーワードで検索されている人が一気に増えてきました。ネット上に釣れてるよ情報が出てきているからですね。

その中でも「からアワセ(空アワセ)」の記事への訪問さんが多いです。



盛期の地合に思いっきり数を上げたい時に行う「技」です。


詳しくはこちら↓

キスのちょい投げ釣り その2


アタリを手元に感じる前にアワセるんです。
信じれないカモしれませんが、こればかりは経験されないと分かりません。PEラインでピシっ!とね。
ただ、湧くようにキスが居てる時にしか出来たことがありません。

ちょっと柔らかめのエギングロッドでキス釣りすると面白いですよ(^^


へら鮒とは戦い、キスには誘惑されている今日この頃です(^▽^)



(∩_∩)
posted by コットンフィール at 16:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ヘラブナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする