エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2016年10月07日

雨予報は無し・・・・アナゴ&タチウオだ。

今年はアナゴ釣りに行くタイミングがありませんでした。

ちょーどヘラブナ釣りに忙しい時期と重なったんだったかな?
あのニョロニョロ感は今だに好きにはなれませんが、釣りとしては面白いです。

確か最終のアナゴ釣りで料理に失敗して、とんでもない臭い料理になってしまったのです。
そこから「アナゴ離れ」をしていたかもしれません(^^;



何はともあれ、夜中の海に突撃しました。

夜中にアナゴ釣り、明け方にタチウオ釣りという二本立てで挑むことにしました。


私の情報量では、同じ場所で2本立てで釣れる情報を持っていません。アナゴに関しては、釣り具店の店員さんに聞いても「アナゴ?そんなもん何処にでも居るわ」と言われるのですが・・・・


アイツらは何処にでも居ないんです(`O´*)!!



和歌山で「穴子マンション」を探すべく、夜の和歌山市内を探ってきました。

IMG_1499.JPG

とりあえず「砂地」狙いです。砂地ポイントは知っているつもりです。


サンマの切り身をつけて、穴子狙いオンリーの仕掛けを投入します。

夜中の穂先ケミカルライトを見て過ごすのは大好きです(^^




しかし、穴子からのアタリは無く、穂先が一切揺れることはありませんでした。

2カ所を3時間くらい投げては待ち、誘っては待ちと海辺で座っていましたが、まったく持ってのボウズとなりました(^^;;

和歌山の穴子ポイントでは、もう一カ所ありましたが、日の出のタチウオ狙いの場所設定のこともあり、次回に持ち越しとしました。




日の出が近づいてきましたので、紀北へタチウオ狙いに。


この時期では、平日でもめっちゃ人が居ます(^^;

何とか場所を確保して投げ出しますが、周囲のロッドも曲がらず、たまに数匹上がるのを見掛けるだけです。

まさか、タチウオまでボウズを食らうのかと不安がよぎりましたが、何とか一匹をゲット。


今回はフックを全て新品に交換しましたので、魚を落とす事なく、無事にゲットです。

IMG_1504.JPG

やっぱりワインドが好きです(^^

周囲のベテランお爺さんたちも、そこそこに釣り上げていきますが、ポイント全体的にはハズレ日のようです。ベイトが寄っていない感じですね。台風が連発して濁りとか不安定な天気とかイロイロな要因があるのでしょう。


IMG_1508.JPG

天気に恵まれ、結局は7時30くらいまでポツリポツリと釣れていました。
見える限りは、どなた様も爆釣という人は居なかったようです。


私も結局は4匹のみ。

IMG_1505.JPG

少々、期待外れの貧釣果となりました。


ベテランお爺さんたちはルアーでもなく、ワインドでもありませんでした。投げて巻くだけというスタイルです。何か白いワームのような物を投げているのが見えます。



帰り際に足元を見てみますと、、、、

IMG_1506.JPG

エコギア?でしょうか。
ベテランお爺さんたちの愛用ワームは恐らくコレなのでしょう。機会があればマネてみたいと思います。





タチウオ4匹が我が家の台所に並びました。

DSC_0299.jpg


一匹だけ指3本に届かないくらいの小物であり、他はそこそこ良いサイズです(^^

タチウオの唐揚げで夕食を楽しみましたよ|*・ω・)ノ

IMG_1509.JPG

3枚におろしてから、日清からあげ粉を投入するだけ。もちろん「骨せんべい」もこれで(^^


DSC_0311.jpg

最高の夕食になりましたヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ




この前に釣り上げた「サバ」も竜田揚げに!!

DSC_0308.jpg


油モノばかりとなりましたが、秋の味覚を楽しんでおります〜〜d(*・ω・*)b♪




└(・∀・)┐
posted by コットンフィール at 20:44| Comment(6) | TrackBack(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする