エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2020年03月19日

2020 春コウイカエギング


3月シーズンインのはずのコウイカですが、先週と今週と2回のボウズを食らっております・・・・。


こんなシーズンで外すようなことはありませんでしたが、2連荘でヤラレマシタ。


数年ぶりの常連さんにも会いましたが、ここ数年は感じておるようにヤッパリ釣れてないようです。

1匹釣れたら御の字とか。






もうコウイカはアカンのかな?

復活してくれないのかな?

腕が落ちただけか?

暖冬のせいか?

温暖化のせいか?

猟師さんの乱獲か?






ん〜、困ったものです。

時代に合わせていかないといけませんねぇ(^^;


IMG_9796.jpg




こんな感じじゃ、もうコウイカ終了かな(泣



posted by コットンフィール at 20:00| Comment(2) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

令和2年 初釣りは「コウイカエギング」

令和2年も始まり、もう梅も咲く頃になってきました。

「ヘラブナ釣りオンリー」の生活をしていましたが、久しぶりに「コウイカエギング」へ行ってきました!




天気予報では爆風&雨(^^;;





もう、いつも「春一番」の時に釣りに行ってると思います。





過去には「寒い・立ってれない・投げれない・シャクれない」という数々の痛い思い出(><;


しかしながら、エギング行ける日は今日しかない!





恐る恐る和歌山の海の状況をネットで見ますと・・・・・。


IMG_9645.PNG




行けるか?無理か?


って、もう車は走らせているんですけどね(笑






現地到着。


IMG_9647.jpg


もう、、、この爆風の音を聞いてもらえないのが残念・・・(^^;





それでも折角に来たのだからと海辺に立ちます。


そんな釣りバカは10人くらい居てましたかな。

荷物から手を離せないくらいの爆風ですよ!(^−^;






久しぶりの第一投目っ!!






グっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!w







w( ̄Д ̄ w ぬぉぉぉぉぉぉぉ~!!








掛かったぞーーーーっ




久しぶりのコウイカの引き(ノ^∀^)ノ*






なんかメッチャ引く!!




あっ、大潮だから潮に乗ってるのかな?



何回も何回もロッドを絞ります(^^





海面まで上がってきました。

波立つ中でエギはシッカリと良い箇所に掛かっているように見えます。

いつものようにブリ上げで持ち上げますと・・・・・・





・・・・・っと






・・・・っと





・・・と。













ボチャンっ!






━Σ(゚Д゚|||)━








は、外れた。。。





何で今日に限って外れるねん。


コウイカを目の前にして何で外れるねん。


いつも滅多に外れへんやん。


10数年コウイカやってるけど、今まで10回も外れたこと無いやん。


何で今日。この状況で。。。。外れるねん。






爆風遠投対策でエギのサイズダウンでハリ掛かりが悪かったのかな?

多分、掛かってから、ぐ〜んグンと引き合っていたので、身が切れたんだろうな。


IMG_9649.jpg




もちろん、それからは、テンションUPして爆風だろうが、荷物飛ばされそうになろうが、身体ごと持っていかれそうになろうが、キャストを続けました。

PEラインを伝って何も来ず。風でシャクったらラインのタルミ分が流されていくような感じになり、遠投出来ないし、、、。


もうムチャクチャになった挙句に、爆風に「雨」が乗ってきまして・・・・心が折れました。




まだまだこれからですが、私のエギング釣行がどうなるかなぁ。

ヘラブナは春はノッコミ釣りで楽しいんですよ。






posted by コットンフィール at 08:44| Comment(2) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

2019 秋コウイカ

めっきり寂しくなったコウイカたち。


ここ数年はもう数釣りは諦めています。

「昔は良かったんや、あの場所で半日で10匹くらい釣れたりしてな・・・」と若い世代に私が伝える「番」が来たようです(*´Д`)=3


よく「ホンマかいな」と感じて、海辺で地元のオジサンの話を聞いていましたが、本当だったんでしょうねぇ。

和歌山市内の海で何でも釣れたと聞いています。





久しぶりにコウイカの顔見ておくかと思い、ボウズ覚悟でドライブ&フィッシングのつもりで海へ向かいました。


夕刻マズメ狙いで行ってきました。




道路が混んでいるかも?と思い、ナビで確認しようかと入力すると、、、「和歌山南インター」を出ると和歌山市内へあっという間に行けるようになっているようでした。




早速、新しい道路を通ってみます。


IMG_8654.jpg


快適、カイテキ(^^


でも、スピード違反の取締りされたら、、、、と思うと慎重に走らないといけない道路ですね。







釣り開始は16時から(^^


IMG_8657.jpg




墨跡なんて全然無いに等しいです。アオリイカの墨も無い。

確実にエギングブームが終焉を迎えている感じが現場から感じ取れます。



そりゃ、こんなに釣れない釣りを楽しめる人は少なくなってくるでしょうね(^^;;





久しぶりの海の景色と風、匂いを感じながら気持ちよくロッドをシャクります。

ヘラブナ釣りとはまた違う心地よさ。

最高の時間の過ごし方と思います。

この自然を感じたことの無い人に教えてあげたい(^^





釣れる気配は薄い。

結果(墨跡)も無い。

頼れるのは自分の過去の実績の記憶だけ。

PEラインを伝って、手元にくる感触で海の底はそんなに変化していないのかな。

砂地があって、石のようなゴロゴロもあって、根掛かりする箇所も一緒。

ボラだけが飛んでいる。







ツイっとPEラインへの違和感にフッキングが自然に入りました。




今まで上がっていたロッドの角度までいくことなく、ドっ!という重量感がロッドの上昇を止める。







き、キタっ!!(〃゚∇゚〃)






少し胸の高まりを感じたのが分かった。

顔がニヤつく。






グイン、ぐいんと引くコウイカの感触と重み。

水面に足出して滑ってくる姿を見るのは、何時ぶりだろうか。






墨跡の無いキレイな足場を汚さないように、、、、




IMG_8780.jpg



あっ、墨吐いた(゚□゚;)






やった〜。久しぶりのコウイカ。



群れている場合が多いので、連荘を狙いますが周囲が暗くなって終了です。


1時間半。

いい時間が過ごせました。






IMG_8837.jpg



(o^∀^)
posted by コットンフィール at 20:27| Comment(2) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

初めての日本海エギング

IMG_8063.jpg



見慣れぬ景色。

見慣れぬ樹木たち

超クリアな海水


行ってきました「若狭湾」(^^



日本海観たの超久しぶりです。釣り物はエギングです。

秋アオリの宝庫と言われる「日本海」です。



遠かった。

でも、串本へ行ってるのと大して変わらないような気もします。


全然、景色が違うんです。当たり前ですけど(^^;

全エリアがポイントに見えます。和歌山沿岸よりポイント多いんじゃないかな〜。


海面と地面の高低差があんまり無いんです。これには驚きました。

なんか池で釣りしているような感じがした所もありました。

潮位の変化もあまり無いらしいです。



海水が超クリア。和歌山もキレイだけどちょっと負けたかもです。

たぶん、プランクトンも少ないんだろうねぇ。

それに少し冷たい。




「もう、こりゃクーラーパンパンで帰ることになるだろう」・・・っと思いきや。




あんまり生命感の無い水中への「視界の違和感」を抱いています通り、、、、、




「釣れへんし」(><;



かなり風の強い日ということもあったかもしれませんが、それにしても釣れない。

そして、どこに行っても人が多い。




アングラー多いからか、墨跡は多いんです。

岸際に来たアオリイカは全部釣られているという感じ。

クリア過ぎる水中にエギだけが踊っています。



IMG_8064.jpg


絶対に和歌山では見れない「原子力発電所」

なんか、周囲は物々しい感じの場所でした。










IMG_8067.jpg



やっと釣れた「初日本海アオリイカ」


さすがに帰ってもらいました。でも、思い出深い貴重な1匹目です。




敦賀というところから日引というところ辺りまで釣り走りました。

風との戦いでもありました。ちょっと条件悪かったかな。


でも、楽しいランガンエギングでした〜。


IMG_8068.jpg





また行こう。


行くか〜??(笑




(^−^


posted by コットンフィール at 20:17| Comment(2) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

はじめての夏エギング

アオリイカのエギングは


「大物の春」


「数の秋」




と思っていました。





和歌山の南エリアにおいては、夏でも釣れると聞いたことはありましたし、ネットでも観たことがあります。

中紀では盆過ぎ辺りで沖磯で手の平サイズが釣れ出していました。





今年はエギング回数は多いです。

3連荘ボウズとか食らってますけど。。。。(^^;;




今回も串本周辺まで行ってきました。

この時期の良いところは、何よりもエギンガーは少ないし、ヤエンのおっちゃんはあまり居ません。

そして、悪いというか過酷な状況は・・・・「猛暑」(><;




朝から釣り出しますが、このような時期には居なければ、本当に何も居ない。

海水が非常にキレイなので、カラフルな魚や色んな生き物には会えます。



ボディから足先までが親指サイズのアオリイカの数匹の群れがたまに見える程度です。



秋に実績のあるポイントに入った時、セオリー通りにイキナリ大遠投ではなく、半分くらいの飛距離に抑えてキャスト。

海水がキレイであり、フォールしていく蛍光色のエギがよく見えています。



その見えているエギが不自然な動きでフォールした瞬間・・・「抱いた!」と思いました(^^



IMG_7712.jpg



やった!!やりましたっ!!



はじめての「夏アオリ」ですよ。400gくらいでしょうか。


こんな時期にアオリイカに会えるなんて〜。







その後、調子乗って夕方までランガンでシャクリまくりましたが、、、








、、、、、、、日焼けして終了しました(^^;;;





エギングに行きますが、半分は「ドライブ&観光」くらいに思わないと「猛暑」に心がやられます(笑




(^^^///





posted by コットンフィール at 17:11| Comment(4) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする