エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2016年09月10日

ショアティップランで秋アオリ

今更ながら、アオリイカエギングの「コツ」を少しだけ掴んだかもしれない私です(^^;

ここ数回の釣行から、とりあえずは「潮の流れ」があるところじゃないと釣れる気がしない感じがしますので、潮通りの良い場所を〜っと場所の選定をしてみますと、5年ぶりになると思いますが、数年前に大幅値上げをした和歌山の公園にしました。

夕方から入り、2時間程度しか釣りしないのに・・・・・1,850円って、、、、(# ゚Д゚)
イヤ、確かに環境は良いよ、綺麗だし、安全だし。
でも、せめて「夕刻入場料金」を作ってくださーいとお願いしたいところです。


とりあえず、和歌山が誇る巨大釣り公園です。

ゼロヨンが出来るねと思わせるスーパー直線を走ると、駐車場にはそこそこ車が入ってます。

IMG_1386.JPG

皆、タチウオ狙いとカゴ釣りのような感じでした。
比較的、高齢者ばかりでした。そういえば「シルバー料金」設定ってあったような。


この場所でのエギングは「潮がとんでもなく速過ぎ・水深が深過ぎ」という条件です。潮の速い時間帯であれば、2.5号のエギを投げても水面直下で漂いながら左右に流れて行っていた記憶があります(^^;;


過去にはベテラン風のお兄さんが「ココは釣れる者にしか釣れない」と格好の良いことを言いながらサクサクと釣り上げておられた光景を思い出します。「本気で一匹ちょーだい」と思っていた事を思い出します(^^;


ティップラン釣法が知れ渡っていない時代に、あの格好良いお兄さんはティップランをしていたんだと、今になって思います。


あの頃からは、少々成長したはずの私(コウイカで)です。
更に今季は、少し調子に乗っていますので、イカも乗ってくると信じてフィッシング開始です。



明るい時間には、何もアタリありません。エギングしている人居ません。
皆タチウオ待ちという雰囲気でした。

IMG_1387.JPG

夕日が美しい日でした。
太陽が沈んでいよいよ本気印です。


まっすぐ投げたエギが右から帰ってきたり、左から帰ってきたりと、予想通り潮の動きは複雑です。でも、まだ釣りは出来る感じの速さかなと思いました。

3号のエギに糸オモリを巻いて調整してきます。


水深が15m以上ありますので、エギを中層で止めたり、根性で落としてみたりとショアティップラン風でエギを操作します。やったことありませんで事前にyoutubeで勉強(^^;;

明らかにコウイカエギングとは違う考え方でアオリイカの接触を待ちます。



真っ直ぐ投げたエギが真っ直ぐ戻ってくる感じになった時・・・。


PEに違和感っ!






ぐにっ!!







IMG_1388.JPG




釣れたーo(^▽^)o





間もなくして、もう一匹追加。

もしかして、ラッシュあるか!?と期待ありましたので、すぐさまキャストで写真撮影なし。



その後は、潮の動きも激しくなく、もっと釣れる感じがしたんですけど、無情の閉園時間となりました。

他人のタチウオを見たのは4匹だけ。タチウオ狙いの人たちは全滅してました。



とりあえずは2匹釣ることが出来ました!
こんな難しい場所での2匹。私にとってはまぁまぁ値打ちモンんです(^^。


しかしながら、3時間近く釣りして、釣れそうな雰囲気の中で2匹だけとなると、帰り際にもう一カ所寄ってみたくなりましたので、小場所に寄りました。

この場所もタチウオお爺さんが占拠しておりましたが、端っこで投げさせてもらいました。




なんと一投目からヒット。

IMG_1389.JPG

あっ、ピンボケた。



これで満足して帰路に着きましたー。




着実に経験値UPですよ。

IMG_1390.JPG



夜中ですので、今日は冷凍庫へ一直線です。


IMG_1391.JPG


アオリイカアングラーが減ってきたから、アオリイカ数が増えてきたのかなー。




(ノ≧∀≦)ノ
posted by コットンフィール at 12:38| Comment(4) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

2016 秋アオリイカ

秋って言えば、秋。

夏やんって言えば、まだ夏。



ちょっと涼しくなったので、秋アオリへ挑戦。



タチウオも気になりましたが、関西は台風の影響で一日中、雨が降りましたのでタチウオのポイントは壊滅しているかなと思いました。アオリイカが気になる時期でもありますし、釣行時間も夕方から開始予定であったので、アオリイカ狙いにしました。



アオリイカのエギングを始めて、このブログも始めたのですが、めっきりアオリイカが苦手な状態になってきています(^^;;



春アオリは困難であったとしても、秋アオリはまだ相手してくれることが多いので、今秋も一度は狙いに行くことにしました。


和歌山には、ポイントは無数にあるようですが、私には5か所くらいしかないような気がしてなりません・・・。お気軽に入ることが出来る場所にはアオリが薄いのか。。。私の腕前だけの話なのか(^^;




秋アオリは、まだ手軽なポイントでも釣ることが出来ます。


台風は関東へ向かっているとはいえ、関西の海への風の影響が分かりません。
いつもの様子見サイトで海の状況をチェック。磯ノ浦には行ったことがありませんが、砂浜の波の様子で周囲の海の様子を予測します。


FullSizeRender.jpg


まぁ、そんなに荒れているような感じはしませんので、お気楽に海へ向かいました。


IMG_1329.JPG


どんより曇って、いい釣り日和です(^^



まずは小さなエギから投入します。

IMG_1330.JPG



コウイカエギングの時のように、底べったり着けないエギングは私には違和感たっぷりです(^^;


私、、、シャクリが下手くそなんですよ・・・たぶん。


コウイカには好かれるシャクリが出来るんですが、アオリイカには好かれるシャクリは実演できないんじゃないかと思っております。周囲の方々のような鋭いシャクリが出来ません。ロッドが悪いのかな??(〃´・ω・`)ゞ



コウイカエギングは一投目から掛かる気がするのですが〜〜〜〜。











た だ よ う 釣 れ な い 感 ((ミ ̄エ ̄ミ))









IMG_1331.JPG




居ませんよ!!アオリイカ。



どうもコイツらの習性がイマイチ分かってないんですかね。

誰かに横でレッスンしてもらおうかな(^^;





陽が沈みます。ここからがゴールデンタイムなのか!?


IMG_1333.JPG



釣れない感は変化なし。

周囲でも釣れてない。

常連さんのようなオジサンが「ん?釣れへんやろニコ(^^」っと当然のように聞いてくる。





ヤクルトサイズのイカは足元で数匹見ることが出来ます。

ちょこちょこっとサイト狙いをしていましたら。




IMG_1332.JPG


一匹釣れました(^^



今季の初物なので、一瞬〆ようかと思いましたが、、、、さすがに海に帰ってもらうことにしました。




「兄貴を釣れて来い。兄ちゃんか姉ちゃんを」




時間は過ぎていきます。

周囲も小さなイワシ?のような魚がたまに釣れているだけです。








足も使いながら、2時間くらい海に向かってロッドをシャクリ続けていました。

「やっぱり、アオリイカは私には合ってないなぁ」っと思って・・・・・










ぐいん、ぐいん、ぐいぃぃいいΣ(・ω・ノ)ノ!








IMG_1336.JPG



おぉ、アオリイカやー。小さくて引きごたえもありませんが、嬉しい持ち帰りサイズです。


次のキャストでも、何か乗りました。何か引きます・・・・?


でも、物凄く小さいサイズのようです。


IMG_1335.JPG



ん?アオリイカと違うぞ。

アカイカかな?美味しいらしいので、持ち帰ることにします。


んで、次のキャストでもシャクり終わりに突然ノッテきました(^^


IMG_1334.JPG


まさかのアオリイカのラッシュの経験です。


これが、地合いというヤツですね。


まさか、アオリイカで経験することが出来るとは(^▽^)/


写真撮影も〆るのも後回しです(o^-^o)




結局ラッシュは、6匹続きました。


こんなアオリエギングは初めてです。


私の投げる範囲に、大きな群れでも来たんでしょうね。




ご機嫌に帰路につきましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ






アオリイカ4匹とアカイカが2匹。


IMG_1340.JPG





久しぶりのアオリイカで、どうしても刺身が食べたく、刺身定食だけ作って楽しみました。


IMG_1341.JPG



美味いっ!!

この刺身だけはいつも美味い!!

アカイカも歯ごたえ、甘味がなかなかイイじゃないですか(^^



アオリイカ狙いの人も年々減ってきましたから、これからもっと楽しめる環境になったらなぁと勝手に妄想しております。



“ヘ( ̄∇ ̄ )
posted by コットンフィール at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

2016春アオリ 

春アオリに行ってきました!

ネット上では、「釣れてる!釣りました!キロUP!エギングで!ヤエンで!」


もう情報が沢山です(^^


その情報たちを見ていると感じていますのは、少しヤエン釣りが多いような気がする事です。皆さん、エギングは辞める方向に向いてきたのかなと勝手に思っています。店のエギコーナーも縮小傾向ですしね。


これだけ釣れない(私だけ?)と、そりゃジャンルとしては、縮小していくかもですね。難しい釣りと思います。



私も春エギングを縮小すべく、エギの消化に励んでいます(^^


IMG_0927.JPG

まだエギがこんなにあります。エギの命?と引き換えに春アオリを捕まえにいきますよ。



またもや、クーラーには氷は入れません。

クーラーも持参なしでいいくらいですが、、、、さ、さすがに釣れたら困るので、、、




今回は南紀までは行きません。釣れませんし( ̄¬ ̄*)



釣行は、夕方から夜までです。

明るい時間帯から始めますし、せっかくですから初めての場所へ入ってみます。

「エギングポイント集」みたいな大昔の雑誌を立ち読みしましたので、今まで釣った事のなかった場所へ行ってみることにしました。雑誌には実績場と書いてましたが、現場に着くと、雑誌で見た地形と違う(^^;;

さすがに雑誌の情報が古すぎたようです。


しかし、駐車スペースで、エギンガー風の兄さんに「釣れてますかー?」と声を掛けたところ、「釣れないですねー。こっちはどうかなと思ってきました」との情報。来た事ある感じでしたので、ちょこっとポイント情報を貰いました。


散歩しているお婆さんにも「兄ちゃんイカか〜」と声を掛けられました。所持している道具でイカ釣りと分かる地元婆さんが居るとは、なかなかの実績場所と確信しました。



どう見ても一級ポイントに見える場所に入る事が出来ましたが、、、、墨なんて一つもありません

先ほどのエギンガー風兄さんは、まったく釣れなさそう場所で投げています。


???? う〜ん分からない(^^;;



とりあえず、周囲の環境、潮の流れ等を総合的に見て、釣れるだろうと予測した私は、この一級風のポイントで夕方のゴールデンタイムを過ごす事に決定しました。

追い風だったので、物凄く広範囲に探ることが出来ましたが、アオリイカのアの字も無く、ゴールデンタイムは過ぎていきます。


IMG_0928.JPG



「この場所も気になるな」と観ていた場所に数名のエギンガーが入っていましたが、そこにも墨跡も無いんですよね。メバリングの人なども見掛けました。



雰囲気は非常に良いんです。

でも生命感が薄い。

サビキ釣りの後も無い。

ポイントが綺麗なんです。

水面にはボラが飛び跳ねているだけ。


IMG_0932.JPG



2時間半、やってみましたがアタリも無く、他人が釣れている様子もなかったです。



場所変更をしようかと車に戻っている最中に、散歩オジサンに出会いました。立ち話をしていましたら、散歩オジサンは言います。


「昔はこの辺でも、よー釣れた。イカでもカツオでも、夜中に船が並んで綺麗やったわ〜」


よしっ、おっちゃん。今現在の情報をちょーだいщ(゚д゚щ)カモーン



「今か、、、今はなんやろうな、何も居らんな。兄ちゃんのようなイカ釣りの人は多いけどな。海沿いが賑やかになっていいけどな。」


っと、パッとしない情報(^^;;;



海藻がある場所も多かったので、秋アオリ狙いにはいい場所かもしれませんね。
底も少し調べましたが、砂地らしい感じがしましたので、コウイカ狙いにもいいかもしれません。コウイカの墨跡も無かったですが、竿抜けポイントになる事に期待して、今度狙ってみたいと思います。



「また釣れなかった」という残念感と疲労感の中、携帯で次の場所を探しているとエギンガーたちが乗った車が出発しました。



「釣り人の車の後について行こう作戦」を実行しました。



「ランガンしている人と一緒に行動する」という、新規ポイント開拓にはなかなか成果のあるちょい高等テクニックな釣り方です(^^;



しかし、その車はラーメン屋さんへ入っていきました( ゚д゚)


もう今日は深追いせず、翌日の仕事にも影響あるかもしれませんので「釣り終了」としました。



アオリイカ狙い。。。。


今回もボウズとなりました。

両肘が痛い(×o×;)








(´・ω・`)

posted by コットンフィール at 13:11| Comment(4) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

2016春アオリ 南紀!中紀!

春アオリイカ


それはもう、私の中で伝説化しているイカの王様



最初で最後の出会いは「2010年」



ろろ、ろ、、、6年もお見掛けしておりません。

イヤ、他人の春アオリイカは何度か見ました(^^;




もう今年は春アオリはせずに、無駄な時間は省こうと思ってました。


しかし、何かが私を春アオリに向かわせたのです。自分でも分からない。





イヤ、多分、、、自分の過去のブログ記事を読んだからですわ。


2010年の過去の栄光


この時は超興奮しました。ブログの文章からもまだ興奮が感じられます。




午後からの出発で夕マズメ〜夜中狙いとしました。早朝はすぐに明るくなってしまうので、じっくり攻めたいと思ったのです。

IMG_0876.JPG




縁起も担ぎます。

IMG_0873.JPG

クーラーボックスに氷を買わずに釣り場へGO。
釣った時に氷を買っていなくて、焦ったことを覚えています。
だから、今回も氷は買わない(^^




紀北でも釣れているが、今回は確実性をUPさせるために南下します!
中紀か? イヤ、南紀まで行ってしまいましょう!




高速道路を初めて終点まで走行しました。


IMG_0877.jpg



串本までめっちゃ早っヽ(゚ロ゚;)



この短時間で、串本まで来れるなんて驚きです!GWの最終日に逆走の南下なので、道もガラガラでした(^^



今日は、持っている3号以上のエギを揃えてきました。

IMG_0880.JPG


全部、根掛かりするくらいに攻めていきます。もうこのサイズのエギは買い足さない!無くなったらもう春アオリ狙いはしないっていう自分ルールを設定です(^^




さすがは南紀です。

ロケーションは最高。釣れるような感じがビンビン来ます。

IMG_0881.JPG


ベストタイムを迎えます。
周囲にはほとんど人は居ない。でも足元にはコウイカではない墨跡も多いです。コウイカ狙いと違って慎重に、エギを操作します。シャクった後は、うみパパさんに教えてもらった「微動だにせず」です。きっちりとエギを落としていきますよ。



一番釣れそうな場所では、アオリの気配は無し。

車を北上させながら数か所のポイントを回っていきます。釣れそうなポイントをまとめてくれているサイトさんが出来たみたいですので、助かりました。


数年前にはデカアオリ祭りになって、人だかりがあったポイントも数名しか人が居ません。


その他の場所では、ヤエンのお兄さんからアオリイカの釣れている情報ももらい、益々、私のロッドも緊張感が走ってきます。





投げに投げて、シャクって止めて。シャクって落として。。。。





多くのメジャーポイント&マイポイントを回りました。








えっ!?春アオリ??









やっぱり、私には釣れない。。。。





こんなにブームが去った感じがする良いタイミングなのに、、、、、、。







ありがとう、春アオリ。


オマエは、とことん釣れないんですね(−_−)。。。







(´‐ω‐)=з
posted by コットンフィール at 01:42| Comment(8) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

コウイカブーム終わり

今春のコウイカは大変人気でした。春というか秋からずっ〜とでしたね。

どこもかしこも釣り人が多くて大変だったようです。

今春の「最後になるコウイカ狙い」に行きました。


相変わらずに釣り人が多い状況なのかなと思いながら行きましたが、コウイカ狙いの人は少なかったです。さらに墨跡も想像していたよりも少なく「実は言うほど釣れてなかったんか?」という感じでした(^^;


気温も高く、暖冬の影響もあってコウイカも例年より早く終わる感じなのかもしれませんね。



タコや、エソと賑やかに釣れる中で、モゾモゾとしたアタリを逃しません!!(^^


IMG_0775.JPG


人が多ければ、着地した時に墨を吐かさないように慎重に取り扱わなければなりません。「ん?そういう意味で墨跡が少ないのかな?(^^;」




少しすると、モゾモゾアタリが手元に来ました(^^


バシっとアワセた瞬間に手が滑りまして、おっとっと〜っという状態になり、一歩間違えばロッドが海の藻屑になるところでした(⌒_⌒; こんなネタは要りません。アブナイ、危ない。。。



IMG_0776.JPG



このまま、5〜6匹釣ってやろうと思いましたが、この後が続かず・・・・。2時間半投げましたが、10m近く離れているお隣りさん(恐らく初心者さん)が、斜めキャストする状態ですので、私が釣りにならず、このまま終了としました。


海の中が賑やかにいろいろな魚種が湧いてきていますので、釣り人が多いです。


釣り人口が減ってきていると言われていますね。確かに少なくなったとは思いますが、まだまだ賑やかです。特に若い方々が多く見えたので、釣りにもまだ未来がありますよ。


正午には帰宅する必要があったのですが、せっかくですから、夕飯のオカズを増やして帰ろうと思いまして、車に常備しているコレの登場です。

IMG_0779.JPG


和歌山市内では何処でも「カタクチイワシ」が湧いているとのことで、コウイカが寂しい結果になった時には、ここ2年ほど開催していなかった「イワシ祭り」を企んでいました。


イワシの回遊する場所に入らせていただき、初心者さんへレクチャーをしながら、ワイワイがやがやと、アミエビ必要なく、楽しく他人さんたちと「イワシ」をゲット。


IMG_0777.JPG

釣り針が小さめの私の仕掛けには、鈴なりにイワシが釣れます。その仕掛けを近くの子供たちにあげて釣り終了としました。


ポカポカ陽気どころか、暑いくらいの気候の中を満足度高く帰宅。

IMG_0778.JPG




チビイワシは、から揚げで食べるのが最高です。定番のからあげ粉を購入。

IMG_0781.JPG



夕方には地獄の「イワシ捌き祭り(T∇T)」が開催。


父(私)と息子でイワシを「手開き」し、それを娘が「粉付け」し、母が揚げていく。親子四人並んでの家族共同作業です。何匹居たか分かりませんが、自分で言うのもあれですが、短時間でよく釣ったものです。食べ始めまで恐ろしく時間が掛かりました・・・・。


無事に「イワシ祭り」が開催v(@∀@)v



ドーンっ!と食卓に並ぶ、イワシから揚げ(^−^)


IMG_0782.JPG


IMG_0783.JPG


コウイカは「かつお醤油たまご」で2016春コウイカを締めました。

IMG_0786.JPG

スマホカメラで撮影したから美味しそうに映ってませんが、最高でした( ̄∀ ̄)。




(´∀`)
posted by コットンフィール at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする