エギングをメインにアオリイカ・コウイカ狙いをしています。他にショアジギや、投げ釣り、サビキにヒラメ狙い、タチウオ、アナゴ、キス釣り。最近はへらぶなと結局、手の届く範囲で色々な魚種・手法で狙っています。ブログを通じて、釣りの知識や仲間が出来たら嬉しいなと思ってます。

2016年05月24日

へらぶな釣りで一番お金が掛かると思っている部分

当ブログにも「ヘラブナ」の文字で検索がたんまーに有ります(^^

へらぶな釣りの情報が少ないネットの世界。ある意味、身のある情報が釣り人間同志で伝わってるんだと思います。釣り場で座っている方が、いろんな情報聞きますからね。釣るコツとか技も(^^)

私の情報なんて、何も役には立たないと思いますが、「ヘラブナか〜・・・」と興味を持たれている方々向けに情報発信です(^^



今日は、へらぶな釣りの「餌」の紹介です。


ヘラブナの餌は、凄く種類が多いです。もう店に行って悩みまくります。その特性を知っていないと、とんでもない餌を作り上げるか、奇跡の餌を作り上げるか、、、という何かのゲームにあったような(^^;


でも、袋を開けてみて中身を見てみますと・・・・・「全部一緒とちがうんか?」と思ってしまう事も多いです。材料を見ても「麩・さなぎ粉」がほとんどで、配合比率が違うのか、麩の種類が違うのか、イマイチ私にはまだ分からないのです。明らかに感じが違う場合もありますよ。お試しで色々と購入してきましたが、今は少し種類を絞ってきています。大きく手を広げ過ぎて、訳わからない状態になってきましたので。。。



餌を配合する楽しみもあると思いますが、今は2種類くらいしか混ぜません。

良いのが完成しても、再現が出来ないんです(^^;

適当に思いつきで作るからですけど(。・_・。)




まずは、ダンゴ餌

IMG_0939.JPG

粘る、バラける、重い、軽いなどの種類があります。
そんな事を組み合わせながら、自分オリジナルの物を作るのですが、もう私はよく分からなくなってきているので、画像のような配合がされたバランスのいい餌を愛用しています。


次は、バラケ餌

IMG_0938.JPG

パラパラとバラケることで、へらぶなを寄せます。
広がってバラケるとか、下に向かってバラケるとか、深く沈んでからバラケるとか、ホント沢山存在します。
これも私の適当な調整ではへらぶなは寄らず、単品物を愛用しています。


次に、調整餌

IMG_0940.JPG

時間と共にベタベタになってくる餌をサラサラに戻したり、逆にベタベタにしたり、重みを足したり、バラケ具合を変えたりと、コイツもいろいろな種類が存在します。
まるで、調味料を加えて、料理をするような感じで楽しいです。


これは、クワセ餌

IMG_0941.JPG

ウドンのような物や、聞いた事があると思いますがグルテン、トロロ昆布でヘラブナに餌と思わせず間違って誤食させるような餌もあります。



これらは一部の餌です。お店にはもっと沢山有りますし、私もこの一年間でもっと多種類を使用してみました。お値段が、500円前後から900円程度まであります。私は贅沢に大きな餌をつける癖があるようで、どんどん打ち込んでいます。だから、へらぶな釣りでは「餌の購入金額が一番多いかも」しれません(^^;


下手くそのクセに、いろいろと手を出し過ぎて混乱し、今はとりあえず基礎から餌の考え方をやり直しです。

何かと道具の多いへらぶな釣り。この餌たちを現地へ持参するだけでも大きなカバンが必要になってきます。たくさん有っても、軽いのが幸いですけどね。



餌なんてどれも一緒でしょ。

・・・・っという考え方もアリです。

そう思うことも多々あります。

しかし、この餌だから釣れない、この餌だから食うというのも存在します。




一匹を楽しむのか、人より多く釣ることを楽しむのか、浮きが動くのを見るだけを楽しむのか。

釣って食べない魚なので、楽しみ方は無限ですねぇ(^^





そういえば、食べると言えば、滋賀県には「鮒寿司」という恐ろしい食べ物が存在します。

へらぶな釣りにハマっているのだから、鮒寿司も食ってみるか・・・・。







(ヾノ・∀・`)ナイナイ




( ・д・)
posted by コットンフィール at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ヘラブナ腕前上達へ向けて

ヘラブナ釣りは奥が深い。

去年から、この「ヘラブナ釣り」をやってきて、この言葉を本当によく聞きます。

この意味は「すごく繊細」な釣りであるからなのかと思っています。

エサの硬さや、種類。ハリスの長さ、エサの落下速度、ウキの種類、調整、釣り人の好み・・・など。

数を釣るのも楽しい、型を望むのも楽しい、自分だけの一匹を釣るのが楽しい。

楽しみ方が無限です。へらぶな釣りに限ったことではありませんが、子供時代に自分がハマっていた理由が今になって解かる感じがします(^^。当時はマブナ釣りだけども。



その腕前を磨くべく釣行してきました。

IMG_0738.JPG

春の空の下で、一日座り通しで遊ぶなんて、他にこんな遊びがありますでしょうか。あるでしょうけど(^^;。


今日は「セット釣り」という釣り方をマスターするために練習です。
「バラケエサ」の下に「食わせエサ」があり、パクパクと落下していく麩エサを食べているうちに、その中に揺らいでいるウドンのようなエサを食べてもらうという釣りです。

無題.jpg


食い渋りには効果的な釣りという位置づけです。


ウキはよく揺らいでくれます(魚が仕掛けの周辺に集まっているということです)。

ポツポツとヘラを上げていきますが、多くがカラツンというアタリがあるけど、アワセても乗ってくれません。


正体はコイツたちの可能性も高いです。

IMG_0747.JPG



ヘラブナ釣りは常に手指がエサで汚れているために、防水仕様でもない私のスマホは触る機会が減ってしまいます。

IMG_0742.JPG

極寒の中で釣った一匹であったなら、写真を撮りまくるかもしれませんが、毎回1枚か2枚を撮影する程度です。

IMG_0741.JPG




釣り竿と竿掛けです。

IMG_0740.JPG

この世界に凝っている釣り師さんたちは、この部分に大いにお金を掛けます。

ちょうど一年前に仕掛けのことなどを教えてくれた「師匠」と呼んでいるお爺さんにも久しぶりにお会いしました。「一年前に注文していた竿が出来上がったから今日は初釣りや」とのことでした。竿の完成を一年も待てますか?(^^;;すごい世界です。お値段はハッキリ聞いていませんが、20万円以上している感じでした。2.7mの竹で出来た竿ですよ。「ヘラブナはお金が掛かる」というのは、こういう部分なのでしょうね。

そんなこんなで、私も釣りを楽しみ、セット釣りの経験値も上がってきたところです。何事も経験です。





シュっと気持ちよくウキが入りました。



掛けた瞬間に、大きさが今まで以上と理解できました。



竿がノサレます。

魚体が浮かず姿が見えない。

スレ掛かりでもない感じがする(引き加減でなんとなく分かる)



3分くらいの格闘の上、上がってきたのは。。。。


FullSizeRender.jpg


いいサイズのヘラブナでした。

これぞ「へら鮒」っという姿です(・∀・)


数釣りも良い。

型狙いも良い。


うーん、私はどっちなのかな〜( ̄-  ̄ )



(`・ω・´)
posted by コットンフィール at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

コウイカ釣りブーム 

少し時間ができ、どうしても釣りをしたくなって、午後よりコウイカエギングへ。


雨上がり後という事もあって、海水の色は嫌いな水潮の色?です。

IMG_0609.JPG

この白っぽい色の水面の時には、全然釣れないイメージしか無いです(><;

まぁ、どうしても釣り行きたい病の中で水辺に来ましたので、何とかなるかな〜っと思ってたんですが、2時間くらいの夕刻のゴールデンタイムに釣りをしましたが、完全にボウズを喰らいました・・・・。


ボウズだろうと思いながら釣りをしていたから、このボウズは別に良いんですε=(・д・`*)



そ、そんな事より・・・・・ですねぇ・・・


今年は釣り人が多い・・・・(*`・ω・´)


誰だ!?コウイカ釣りを流行らせたのは!!ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!





・・・ん? 私の情報発信もアカンのか。。。??





コウイカを釣らないで!



コウイカさん達は・・・・・



引かない(重みが最高)



気持ち悪い(きも可愛いという)



寒い(他に釣るのが無い)



爆発的な吐墨量(その墨まで美味しく食えるという)



コリコリの身で甘味少なめ(実は冷凍すると甘くてネットリで美味)





・・・・ホラ、こんなに条件悪いのに。。

皆さん!アオリイカが釣れる時期まで、エギングは控えてもらいたい(>人<*)

アジングやメバリングがあるじゃないか(^^;;



そんなこんなで、超消化不良と人の多さに嫌気がさした私ですが、無理やりスケジュールを組み替えまして、翌日も突撃しました。AM10時までの数時間しかありませんが、「ロッドへの重みの中毒者」としては、こんな釣行パターンもあるのです。


海水の色も少しは良くなっており、少しは前日より期待値を上げつつ、釣り開始です。




この前のように、ポンポンっと釣り上がるいう訳にはいきませんでしたが、強風の中で、ドンっと乗ってきました。

IMG_0617.JPG





釣れ続くかなと思いながらも、2匹目は1時間後くらい。


IMG_0618.JPG




3匹目も釣れましたが、ギャラリーに囲まれて写真無し。





このように、「釣れてますけど、釣れてませんよ(^^;」



私だけですの ヾ(・ω・o) ォィォィ



ひっそりとしたヘラブナ釣りに似た高齢者?だけの釣りだったのに、オサレな若者が沢山駆けつけてくる事は良いことのような悪い事のような・・・・(^^;



「終わりの始まり」のような気がしてきました。



ちょっと、全場所の調査&新規ポイントの開拓にでも行こうかな。



コウイカ3匹さんたちは、料理する時間もなかったので、実家へプレゼントしました〜(^^

FullSizeRender.jpg




さて、さて、このコウイカブームどうするかな。



( ̄¬ ̄*)

posted by コットンフィール at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

夏アナゴ 2015

夏休み中ですが、久しぶりに釣りに出掛けました(^^

狙いはアナゴです。

美味しいと言われているマアナゴを狙います。
この前に釣ったデカ穴子は「ゴテンアナゴ」というちょっと種類の違うヤツ。

マアナゴの大きいのは「伝助アナゴ」というらしいです。



大きいのでもいいし、そこそこサイズでもいい(^^/
食卓が賑やかになる程の「数」が欲しいですね。


IMG_5812.JPG

夜道を車での走行は気持ちいいです。




梅雨前の釣行では、暇しないくらいのアタリがありました。仕掛けを工夫して針掛かりを良くしていますので、今回は大漁ゲットと思っています(^^


仕掛けを投入です。

FullSizeRender.jpg



5分もしないうちに穂先の鈴が鳴るだろう。

ん?(・・。)?





10分もしないうちに穂先の鈴が鳴るだろう。

・・・ん?(゚ペ)?





今日はコッチ方面には居ないのかな?アッチに投げてみよう。

・・・・ん?( ・◇・)?





遠投先には居ないのかな?捨石の手前を狙ってみるかな。

・・・・・ん?~(・・?))





チョコチョコと誘いを掛け過ぎかな?ちょっと放置プレイで攻めてみよう。

・・・・・・ん??( ̄ー ̄?)








居・な・い。



アナゴ居ないぞ!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆


あれ〜?あんなに暇無くアタリがあったのに、今回は無いぞ。全く揺れない。

潮が速いのかな。少し穂先が波で揺れている。これくらいしか前回との差は無い。



そんなこんなで、投げる方向を変え&探り方を変え、奮闘しておりましたら、2時間後にやっとこさ一匹ゲット(^^;;写真撮影を忘れちゃいました。


その後も全くアタリなく、完全に釣行日を外した感じとなりました。

後にも先にも、アナゴが針掛かりした「あの一回のアタリだけ」でした。



日の出と共に、「アナゴ祭り中止」のメールを送信して帰宅です。

狙い時期を外してはいないと思ってるのですが、潮回りの悪さなのか。時期とポイント選択のミスマッチなのか。居たら喰うと思いますので、居なかったのでしょう。原因不明ですね。



少し寂しいですが、釣果は一匹です。

一ヶ月前に比べると、アナゴのサイズも大きくなっていますね(^^

IMG_5814.JPG


課題であったアナゴの捌きも、前々回の捌き失敗と、前回の2匹で経験済みですので、気持ちに余裕もあります(^^



湯を掛けて、ヌメリを取り、捌き開始です。



コリコリ・・・・

ショリショリ・・・・





ずりっ!( ̄ロ ̄|||)




IMG_5816.JPG

し、失敗した・・・・(TωT)



身が削げ落ちました。。。


IMG_5817.JPG


き、貴重な一匹なのに、、、


どうします?

もう諦めます?

食べる部分が無いですよ。

夕飯の一品にもなりませんよ。



いや、ここはアナゴに敬意を払って、食します。

子どもの「おやつ」でいいんです。


身が無いですが、食べます!o(メ`□´)○


IMG_5818.JPG


食べるんじゃ〜


IMG_5819.JPG


ちょっと見た目悪いけど。

IMG_5820.JPG



さぁ息子よ。食べるんだ(^^




「ちょっと臭いが悪くない? 見た目も悪い?」


「大丈夫」




IMG_5821.JPG


の、の、残しとるっ!( ̄□ ̄;)ギョッ






どれ。では私めが・・・・・





IMG_5822.JPG


今日のおやつは、ぼんち揚げにしておきまふ。




なんかの調味料の調合をミスってますわ(/・ω・\)



(* ̄∇ ̄*)
posted by コットンフィール at 14:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

アナゴに魅了されて

すっかり、アナゴ狙いのオッサンになってしまった私(^^;


今回も睡眠時間を潰して、チャレンジです。


「孫バリ作戦」も自分の中のシュミレーションではバッチリです(^^

狙うはもちろん。上手に捌くという試練があるために「ほどほどなサイズのアナゴ」です。


大きいサイズが釣れると聞くポイントへ突撃です。


IMG_5495.JPG

蒸し暑い夜です。他アングラーが居ません。


仕掛けは、このようにエサ付けします。

IMG_5505.JPG


上から喰っても、下から喰っても、横から喰っても鋭い2本のハリが口周辺に刺さります。 大きい個体はもちろん、ミニアナゴがかじっても掛かるでしょう。



リンリンっ!!(^^



きたーっヾ( ̄∇ ̄




少しかじり出してから、フッキング!

乗りました(^^




「おぉ〜、孫バリ作戦成功か!?」




ぽろり・・・・(・。・;)



ぬぁ!バレた。



重さからして、そんなに重くないし、小さなアナゴと予想できます。

まぁ、何よりも一発目から孫バリの効果を発揮できました!



「今夜はこのまま釣れまくり」


・・・っと思いますよね(^^;




アタリが来ない!(*´Д`)



せっせと場所替え、投げる場所を広げていきます。2本竿の方が良いカモです。


アタリはありますが、フッキングのタイミングが合わなかったりして、少し難しい雰囲気になってきました。


アタリ待ち中は、スマホをいじったりしますが、その画面のライトで「蚊」が寄ってきたりして、ストレスUPしてきた時!!



リン。。。。。りん、リン。。。





リンリンっ!!りりりん!!(゚ロ゚*)



竿が大きく海方向へ曲げられました!


すかさず竿を立ててフッキング!!






ロッドが・・・ぶ・ち・ま・が・りっヽ(゚∀゚*)ノ




ぐあぁっ〜〜〜(゚□゚;)



おっもッ!!



また、タコさんか〜??


イヤ、ちガウ!!ロッドからの「生命反応は魚体」(^^











(。=゚ω゚)人(゚ω゚=。)






獲ったど〜〜〜〜っ(^^



IMG_5501.JPG


ば、バケモンじゃー(゚Д゚)


アナゴの化け物釣り上げてもうた!




コラコラ!(^^;、いきなりのBIGサイズ過ぎ(^^


暗闇の中での初心者には、心臓に悪い大きさと動きと、力強さです。



もうネ、テンションあげあげですよ(゚∀゚)人(゚∀゚)



やる気UPの私は、引き続き怒涛のキャストを続けます。


孫バリ効果は続きます。



IMG_5502.JPG


こんなヤツも釣れてきます。サンマにアタックしてくるのは「アナゴだけ」と思い込んでおりました(タコ釣ったけど)。
そうか、こんな獰猛な奴も居たら、そりゃ針掛かりもしませんね(^^ 素バリ引かされているのはコイツのせいではないか?

その後にも、釣り歩きまして、そこそこアタリは継続。


IMG_5503.JPG

きっちりとアナゴも釣れます。このアナゴのサイズであれば持ち帰りします。

なんとかアナゴを掛けますが、小さいサイズが続きます。



IMG_5504.JPG

空も明るみ、終了時間が着ました。



結局、合計でアナゴは6匹も掛かりました!(^^

チビちゃんはリリースしましたので、持ち帰りは2匹(^^


ルンルン気分で帰路に着きます。釣りに来て通常のゴールデンタイムに海から離れるのは変な気分です。



アナゴ釣りは無事にクリアです。






わたしには、ここからまだ試練があります。



それは「アナゴ捌き」です。

前回は見事に大失敗です。



じっくりとyoutube動画や、ネット上や、DKさんブログで勉強します。手配・段取りを頭に叩き込みます。


課題は、ヌメリが作業を困難にするのと、切れない包丁。



ヌメリを取るために軽く湯通しをしてから冷水でヌメリを浮き立たせ、こそげ落とします。

包丁はカッターナイフ案もあるのですが、今回は研ぎ直しました。



まずは、小さいサイズのアナゴからです。

ヌメリが無いという事が何と作業しやすい事か(゚∀゚)


慎重にゆっくりと丁寧に捌きました。動画で見たような「シャー」っと切ろうとするから失敗するのです。ゆっくりゆっくり・・・・と。。。





IMG_5508.JPG


大成功!(^^


やった!ついに出来た。アナゴ捌き攻略です。



次は・・・・あの大きいアイツ(^^

ヌメリをこそげ落としまして。。。


IMG_5511.JPG

でっかっ(゚ロ゚;)


予想通り、大きい方が作業的にはやり易かったです。


IMG_5512.JPG


デカ過ぎでしょう(^^



家族4人で食べるには、少し足らないかもしれませんが、念願の「アナゴ天」です。

IMG_5514.JPG


天ぷらが久しぶりです。


IMG_5515.JPG



「アナゴの天ぷら・骨せんべい」

IMG_5516.JPG


う、旨いっ!!(゚ω゚)


最高です。苦労して釣って、苦労して捌いたのが更なる味付けとなって、余計に美味しい(^^;


IMG_5518.JPG


最初は、「塩」で食べてみましたが、途中で「絶対に合うハズ」と冷蔵庫から取り出したのは

IMG_5519.JPG

甘ダレです。スシローで買ってあったやつです。凄く相性の良いタレになってくれました。



いやはや、新ジャンルの達成で気分がよろしいです(o^−^o)


今回の「孫バリ作戦」を活用していけば、もっと釣れるような気がします。アナゴたちも、これからサイズが上がってくるのかな。夏の楽しみが出来ました(^^







・・・・っで、気分よく翌日まで過ごしていましたら。。。

私は、ネットでもっと美味しく食べるアナゴ料理や、更なる釣果を求めて、実績場所などをネットで検索していました。


ふと目に入ったのは、「アナゴとウナギの見分け方」・「アナゴとハモの見分け方」・「マアナゴとクロアナゴの見分け方」等のページです。


今まであまり興味のなかったジャンルなので、そこまで詳しく観てないな?と、改めて勉強し直す気分で、多数のページを読んでいました。




私の釣ったのは間違いなく、「ウナギでは無くアナゴ」です。





しかし、、、




「マアナゴとゴテンアナゴの見分け方」





( ゚д゚) ・・・


(つд⊂)ゴシゴシ


(;゚д゚) ・・・


(つд⊂)ゴシゴシゴシ


(;゚Д゚) …!?


・・・


・・




あの大きいヤツ、、、ゴテンアナゴですやん(^^;



説明:「マアナゴより味は少し落ちる。少し小骨多い」




オイっ!美味しいかったぞ!(`Д´*) 小骨?気にならない程度だったぞ!(`Д´*) 




小さい方は「マアナゴ」だったようです。


なんと・・・( ̄□ ̄;) 微妙に違うかったようです。




でも、この違いというのは・・・



「コウイカ狙いに行って、モンゴウイカ釣るようなものですよね!?」



アオリイカ釣りに行って、コウイカ釣ってきたら間違いとは思いますけど(・ω・`)(笑





えっ〜、でも一応、小さいのは釣ってきたし、捌いたし、食べたし、、、で。

目標達成ですやんね!?ヽ(・∀・`o)





でも面白かった。

次回は、最高の味と言われる「マアナゴの大物」をゲットしたいです。



v(^∀^;)
posted by コットンフィール at 22:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする